中野ブロードウェイ脱出ゲーム (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (688ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023280

作品紹介・あらすじ

地震のような衝撃で密室と化した中野ブロードウェイ。ビル自体が生き物のように変容し人が次々と“食われていく”。取り残された少年と少女の運命は!? 誰もプレイしたことのない最悪の脱出ゲームが始まる

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者の作品はこれが始めて。
    SF的なセンスには、非常に共感できるところがあり、とても面白く読めた。

    人間が溶けて、混ざって、どろどろの粘菌になるというテーマは、
    大昔に読んだ「ブラッドミュージック」と同じだと思う。
    本書では、現代の技術的なバックグラウンドを元に、
    量子コンピュータ的な無限の計算能力と、
    それを利用した汎用人工知能の実現の可能性を語っている。

    量子コンピュータで何でもできるというところは、技術的な飛躍を感じるが、
    人工知能が自我を獲得して、現実世界に影響を及ぼす過程は、興味深く読めた。

    人工知能であろうが、「自我」の成り立ちには、生や死の概念、
    根源的な欲求のようなものが必須であり、機械をどれだけ複雑に、
    高度化していっても、それだけでは、汎用AIは誕生しない。

    しかしながら、仮に、機械がそのようなものを獲得したとき、
    そもそも機械と生物では、個体としてのあり方があまりに違うために、
    誕生した精神も、人間との共感や理解が不可能なほど、
    人間の精神とは異なったものになるのではないか。

    終盤ではこのような葛藤を元に、人間と機械が対立する。
    個人的には、この結末を、人間が機械を打ち負かした、とは解釈したくない。
    地球全体に風に乗って拡散した集合意識が、個体の人間と共存するような
    未来を、余韻として感じたい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1962年福岡県生まれ。小説家・ライター。ゲーム・映像ソフト制作会社「GTV」代表取締役。代表作に「ゲームキッズ」シリーズ、「プラトニックチェーン」シリーズなどがある。

「2018年 『吐田家のレシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野ブロードウェイ脱出ゲーム (角川ホラー文庫)のその他の作品

渡辺浩弐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする