忌談 (4) (角川ホラー文庫)

著者 : 福澤徹三
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年1月24日発売)
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023297

忌談 (4) (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再生

  • 赤い靴の話は怖かった
    なぜ怪談なのに30話なの

  • ■ 1581.
    〈読破期間〉
    2015/5/26~2015/5/27

  • 実話系の怪談本かと思いきや、グロ怖系とか真実系の話とかも入っててグロすぎて読めなくて飛ばした。

    作品中に出てくる「メモを渡す男」、昔体験したことがある。
    当時関西在住で東京旅行の際に駅で友達が。
    後日かなり経過してからmixi日記見てたら同じく関西在住の友達がまったく同じ経験したのをアップしてて番号とかも同じで、でも駅とか日時全然違うくてマジか!ってなったっていう。
    でもそのときは手渡しじゃなくて、気づいたら鞄とか背中にテープでぺたって貼ってあった。
    でもたぶんおなじ。
    詐欺の釣りとわかっているとはいえ、あまりに無差別すぎて狂気かんじる

全4件中 1 - 4件を表示

忌談 (4) (角川ホラー文庫)のその他の作品

福澤徹三の作品

忌談 (4) (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする