レオナルドの扉

著者 : 真保裕一
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年2月27日発売)
3.22
  • (10)
  • (31)
  • (55)
  • (14)
  • (6)
  • 本棚登録 :283
  • レビュー :53
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023532

作品紹介・あらすじ

イタリアに生まれた若き時計職人ジャンはある設計図が記された秘密のノートを巡り、フランス軍の追手に狙われることになる。レオナルド・ダ・ヴィンチが残したノートを狙うフランス軍との攻防の行方は!?

レオナルドの扉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レオナルド・ダ・ビンチが遺した秘密のノート。
    「レオナルド・ダ・ビンチ」と「秘密の」という部分にそそられる。
    それに何が書かれているのか、誰だって知りたいだろう。
    ノートを奪おうとする者たちに執拗に追い回され、それをあの手この手ですり抜けていくのは爽快。

  • レオナルド・ダ・ヴィンチのが遺したノートを巡って、少年少女が大冒険。時代はナポレオンのヨーロッパ。
    わくわくどきどきの舞台設定。謎のアイテム争奪戦って、鉄板で面白いです。

    何歳になっても、このわくわくどきどきは変わらないですな。

  • 子供向けアニメの原作でも書こうとしたのかな? ダヴィンチの発明が、せめて原子爆弾だったりしたら、ナポレオンが欲しがる理由もあるんだけど。大友のスチームボーイくらいの奇抜さが欲しかったな。

  • 天才レオナルド・ダ・ヴィンチが残したノートを巡る冒険小説

    この小説を読み終えた時にまず思った事は、『子供が大きくなってルビ無しでも読めるようになったらプレゼントしてあげたい』でした。

    あとがきにもありましたが、作中に多くの真実が盛り込まれているので、ただの冒険小説とは違い、遠い昔こんな事が本当にあったんじゃないかと思わせるようなワクワク感、凄く面白かったです!

    ただ…
    冒険の続きが読みたい!!!
    是非、続編を書いて下さい!!!

  • 2016年5月22日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「風」。チャンプ本!

  • 真保裕一のファンタジー。
    アニメの原作が昔ボツになったらしくそれを大幅に改良したものだそうです。楽しく一気に読みました。

  • レオナルド・ダ・ヴィンチが残した秘密のノートをめぐり、若き時計職人のジャンが旅する冒険譚。夢があるが使い方で悪魔にもなれるノートを、どうやって探して守るのか。展開が早くて読み易い。

  • レオナルドダヴィンチが遺したノートを巡る冒険譚。
    アニメ映画っぽいと思っていたら
    あとがきを読んで納得。
    是非映像化してほしい。

    【図書館・初読・1/28読了】

  • 神保さんぽくないと思ったけど若い頃ゲームの仕事もしていたとか。なるほど。

  • 子供向けの感じ

全53件中 1 - 10件を表示

レオナルドの扉のその他の作品

真保裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レオナルドの扉を本棚に登録しているひと

ツイートする