箱根駅伝 襷をつなぐドラマ (oneテーマ21)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.35
  • (3)
  • (4)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 69
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023761

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017年10月27日読了

  • 幻冬舎新書の『箱根駅伝(生島 淳)』と併読すると良いのかもしれない。

  • 箱根駅伝で毎年「悲劇」として報じられる繰り上げスタートに対して、元プレーヤーらしいともいえるその書き方には、考えさせられた。スポーツは結果がすべて、なんだなあと。そこにテレビ局が勝手にエンターテイメント性を付与しているだけなんだなあと。とにかくスポーツの世界は厳しんです。

  • 箱根は、遥かなる道。 新 山の神の名前は出てこなかったなー。来年は生中継 見てみるかー。 それより、神野君 率いる愛知県の タスキで失格なった、あの子のメンタルが心配…。

  • 今年の青山学院は強かった!箱根駅伝ファンにはたまらない本。箱根駅伝経験者の著者なので、話に真実味があり、舞台裏の様子が知れてますます興味がわいてきた。

  •  箱根駅伝が終わってから読んだ。予測が当たっているといえば当たっているけれど、外れようがないように書いているといえばそうかもしれない。
     シード権をとることがチームを強くすることにつながることがよくわかった。優勝監督だけでなくもう少し別の監督について取材して、各監督の特色を教えてほしかった。

  • 【No.4】読了。

  • 【よく人生はマラソンにたとえられるが 、個人的にはマラソンではなく、「駅伝 」じゃないかなと思う。
    過去の自分からつながれてきた〝タスキ 〟を未来の自分に託していく。その連続だからだ。
    人生という名の駅伝は、何区間もあって、その距離も短いものから長いものまで様々だ 。〜(未来の自分)のために、いまの自分は何をすべきか】

  • 久米書店2014年12月28日

  • 時期的に読むのがちょっと早過ぎたかもしれない。一ヶ月後ぐらいが、丁度良かったかも。

全11件中 1 - 10件を表示

箱根駅伝 襷をつなぐドラマ (oneテーマ21)のその他の作品

酒井政人の作品

ツイートする