白桜四神 七夜月の運命の選択! (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 硝音 あや 
  • KADOKAWA/角川書店
3.72
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023921

作品紹介・あらすじ

帝が進める大学寮の改革に反対する組織を突き止めるため、白桜は変装して男子寮に潜入することに! 朱咒と捜査を始めるが、青丞と鵬玄まで追ってきてしまう。しかもなぜか青丞が不自然な言動ばかりとってきて…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ第7巻。
    今回は潜入調査ということで、白桜の容姿を変えるあの秘薬がまた登場します。博士に変装するとか、無謀過ぎることも平然とやってのける白桜、たくましいなと思いました。黒幕と繋がっているのが皐月だったのは意外でした。

  • 今回もハプニングつづきです。
    ところで、いつも思うのだけれど友達ポジションの男の子の方が応援したくなるキャラなのはなぜでしょう?
    ぜったいこっちの方が将来いいってばと。

  • 【ネタばれ感想注意】

    シリーズ7冊目。

    大学寮の改革という夢の為に、白桜は再び男子だらけの寄宿舎に潜入します。
    表紙の朱咒が美しいです。
    表紙は朱咒と白桜の2人ですが、内容は青丞と鵬玄の互いを牽制し合うガチンコバトルでした。
    今巻を読んでの感想は…。
    氷の貴公子は好きな女にはとことん過保護でした(笑)!

    今回も面白く、あっという間に読んでしまいました。
    前作のラストで遂に青丞にも白桜=里桜だと分かってしまった訳ですが、青丞も恋に盲目だっただけで冷静になると白桜と里桜の類似点に気付き始めます。
    白桜が愛しの里桜姫と同一人物だと知った途端に過保護になってしまう青丞に苦笑してしまいました!
    これで青丞と鵬玄が同じ土俵に立った訳ですが、やっぱり自分は鵬玄のさり気なく見守ってくれる包容力のある愛情が好きです。
    しかし、白桜は何事にも一生懸命なんだけど、熱くなりすぎて慎重に行動出来ないのが読んでいてツラい…。
    青丞に何度も「何かあったら必ず報告しろ」と言われているのに、1人で行動しようとするのはダメ絶対。

    今回も何とか四神の仲間達の協力を得て、帝からの命令を遂行出来たと思ったら、一難去ってまた一難。
    ラストでお約束展開の次の試練が飛び込んできます。
    本当に次巻への引きが絶妙で素晴らしいです!
    次巻も楽しみです!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

熊本県在住。「アラバーナの冒険者達」で第4回ビーンズ小説大賞の奨励賞を受賞。同シリーズは全10巻まで刊行。その他に「あやかし江戸物語」全6巻、「白桜四神」全10巻がある。

「2018年 『後宮香妃物語 偽りの花嫁と秘めたる心』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白桜四神 七夜月の運命の選択! (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

伊藤たつきの作品

ツイートする