料理番 名残りの雪 包丁人侍事件帖 (7) (角川文庫)

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小早川涼
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041024287

作品紹介

江戸城台所人の鮎川惣介は、持ち前の嗅覚を頼りに、数々の難事件を解決してきた。ある日、幼馴染みの添番、片桐隼人とともに訪れたなじみの蕎麦屋で、酒に溺れ前後不覚になった旗本、二宮一矢に出会う。二宮が酒をやめる代わりに、惣介が腹回りを一尺減らすという約束をしてしまい、不本意ながら食事制限を始める。一方、大奥の厠で赤子の骸が見つかった。内密に事が運ばれていたものの、惣介はまたも、事件に巻き込まれ――。

料理番 名残りの雪 包丁人侍事件帖 (7) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸城の御広敷御膳所台所人という11代将軍家斉の食事を作る御家人が主人公である。
    名は、鮎川宗介。お腹周りが、気になるのだが、、、食べることが大好き。
    その友人片桐隼人は、大奥の管理警護をする御家人。
    大奥の厠で、見つかった赤子は、、、、骸になっていたにも関わらず、臭いが無かったのは何故なのか、、、、という事にたどり着き、、、それは、人形であると、、、、そうなれば、どうして、人形を、、、

    赤子をかどわかし、古参の女中頭に毒を盛ったのに、吉野堂の虫も、母親も、丸く収めて、娘に迄咎が、及ばないようになるのには、、、少し、後味が、悪い話である

    第2話の 「二本の矢」は、酒に溺れて前後不覚の旗本 二宮一矢。
    断酒と、腹回りを細めるのと、、、、二宮と鮎川は約束するのだが、、、、
    二宮に料理を教える事で、酒の事から、頭を切り離すことに、、、、

    鮎川と、幼馴染の片桐のなんともいえぬ、歯に衣を着せぬ言い方が、微笑ましいのと、家斉の寛容な采配に、最後の話は、なんだかほんわかした話で、終わった。

  • 52

全1件中 1 - 1件を表示

料理番 名残りの雪 包丁人侍事件帖 (7) (角川文庫)のその他の作品

小早川涼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

料理番 名残りの雪 包丁人侍事件帖 (7) (角川文庫)はこんな本です

料理番 名残りの雪 包丁人侍事件帖 (7) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする