いなり、こんこん、恋いろは。 (9) (カドカワコミックス・エース)

  • KADOKAWA/角川書店
4.15
  • (18)
  • (24)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 208
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041024546

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    バレンタインデーの告白より数日。彼のことをもっと知りたいと願ういなりは丹波橋の母が見知らぬ男性といるところを目撃してしまう。一方、うかと燈日の仲も急接近し――!? 恋が止まらない第9巻!!

    【感想】

  • コマ割りが神懸かっている。
    うか様と対照的に神になりかけたいなりが、竹田さんを助けたいと思う強い気持ちをエネルギーにその身を犠牲にしてしまうラストのシーンがゾクゾクっとした。

  • ※1~9巻までの感想をまとめてこちらに。

    表紙の可愛さに惹かれたのと、高校の修学旅行以来ご縁のない京都が舞台とあって、ずっと気になってた作品。
    まずアニメから入ったんだけど、内容が原作の途中までだったんで、続きが知りたくて読み始めました。(^∀^)/

    いろんな形の恋と友情が詰まっていて、その一つひとつが丁寧に描かれているから共感するところも多くって、とても面白い!
    切ないだけじゃなくて、けっこう笑いどころがちゃんとあるのも良いね。

    そして、キャラクターが魅力的☆
    とくに好きなのは、コン,丹波橋くん,いなりの兄・燈日。
    コンはとにかく愛らしくて、アニメでもすごく可愛かったv(≧ω≦)
    丹波橋くんは、家庭環境が彼を「いい子」にしてしまったのかもしれないけど、優しくて努力家で…あと、いなりのことを信頼して、ちゃんと弱いトコも見せてくれるのが良いね。
    燈日は中二病なのに秀才で、なんだかんだで妹想いだし、うか様の前では男らしい(?)とこもあってカッコイイぞ~♪(^ー^〃)

    それぞれの恋が成就しつつある中で、いろいろと問題も出てきているようで。
    丹波橋くん家の事情は、いなりが気軽に口を挟めることじゃないんで、辛くても見守るしかできないものね。(u_u`;)
    一方でもっと切ない、燈日とうか様の恋…。
    応援してあげたい!けど、むつかしいよね。(>_<、)
    動き始めたばかりの、みんなの淡い恋模様を見守っていこうと思います。

    恋も大事だけど、いなりとうか様の絆も得難く温かいものだから…どちらも守れる結末を用意してほしいな~と、今から願ってます。+.((人д<o)
    まだまだ続くとは思うけどね。

    とりあえずは、次巻の展開を楽しみに待ちます*

  • 続きが気になりすぎてヤングエース1月号〜最新号お急ぎ便で購入してしまった。
    個人的に恋愛ものベスト3の作品。

  • 不穏な予感が大当たり。どうなってしまうんだろう

  • めちゃ面白くなってきた! 次で完結です!

  • もちろんハッピーエンドですよね?え??
    みんな可愛すぎたー!

  • 今回も素晴らしかった。前巻のラストから続く、息もつかせぬようなストーリー展開は圧巻の一言。それでいて二人の仲の進展など気になる要素もきちんと取り入れていて、作り込みの深さを感じる。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

2004年デビュー。代表作に『いなり、こんこん、恋いろは。』『天誅×神曲≪アイウタ≫』『色は匂へど』などがある。月刊少年マガジンには、本作『ダメなカノジョは甘えたい』で初登場。

いなり、こんこん、恋いろは。 (9) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

よしだもろへの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

いなり、こんこん、恋いろは。 (9) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする