キマイラ (13) 梵天変 (角川文庫)

著者 :
制作 : 三輪 士郎 
  • KADOKAWA/角川書店
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041024799

作品紹介・あらすじ

二十年ぶりに吐月と再会を果たした久鬼玄造は、典善と九十九、そして菊地らを自宅に招いた。そこで玄造が見せたのは、はるか昔に大谷探検隊が日本に持ち帰ったキマイラの腕だった。やがて玄造の過去が明らかになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻から過去篇。長いしまた脱線が多い…もっと削れないかな…

  •  幻獣キマイラを巡って男たちが熱い闘いを繰り広げる伝奇アクション第13弾。

     いよいよ久鬼玄造の過去が明らかになっていく本巻、物語は明治時代にさかのぼり、物語の世界がさらに広がっていくのを感じました。

     この熱量を持った小説は、もう誰が主人公であっても読まされてしまうのでした。

     玄造の過去とキマイラの謎がどのように関わっていくのか、次巻までその楽しみは取っておくことになるので、今回は我慢しました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2018年 『バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キマイラ (13) 梵天変 (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする