赤き天に星は揺らめく 陽と月の制約 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 槇ありさ
制作 : 氷堂 れん 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年12月27日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025154

赤き天に星は揺らめく 陽と月の制約 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界を守るという壮大な設定の割に、やってる事が凄く小さくて苦労も無い道のりなので、ちょっと読み応えに欠ける。

  • 敵同士だった2人がある使命から行動を共にすることになり次第に惹かれあっていく、という王道ストーリー。主人公アリシアは《勝利の女神》と呼ばれるセルジアン王国の王女。相手役は敵国オルトの《軍神》と謳われる第二王子レヴィン。美男美女カップルはさぞかし目の保養になるでしょうね〜(笑)それにお付きのカイルとライナーも美形だし。彼らの部下になりたがったトールの気持ちも分かるかも。
    ただ、《世界のオワリ》とか《魔》とか神託とか色々詰め込まれすぎてて話的にはまだよく分からなかったです。ラストの《魔》との戦いまで色んなことがあるのですが、その展開が一気に過ぎてってしまう感じがして、若干置いてけぼり感を味わってしまったり。それに次巻に続く感じで終わってるので続刊ありきの内容になっているのでしょうね〜。イラストとキャラクターはすごく合ってると思いました。

  • 長年戦争をしていた敵国同士なのに、天変地異の神託を受けて、一緒に旅をすることに。

    王女アリシアは美人で強くて正義感あふれる子で、王子レヴィンはかっこよくて強くて、でもちょっと影があるって感じで、氷堂れんさんのイラストもイメージどおりでした。

    敵だけど、実際に会ってみると人柄に惹かれるってのはよくある設定なんだけど、解決したかと思った「世界の終わり」がまた出てきたので、二人が再会する次の展開が気になります。

全3件中 1 - 3件を表示

赤き天に星は揺らめく 陽と月の制約 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

槇ありさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

赤き天に星は揺らめく 陽と月の制約 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする