黙視論

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025307

作品紹介・あらすじ

「極力、人と会話しない」という自分ルールを守って生きる女子高生・幸乃木未尽(こうのぎ・みづく)。
言葉を捨てたことで、相手の「ありえたかもしれない物語」――未尽が【黙視】と呼ぶ幻を見ることができる。
ある日、未尽は、学校の中で赤いバンパーのついたスマホを拾った。液晶画面に持ち主からのメッセージが流れてきて応答するうちに、【九童環(くどう・たまき)】と名乗る彼は「自分はテロリストで、ひと月後の文化祭に爆弾を仕掛けた」と打ちあけ始める。「そのスマホは、テロの起動スイッチ」だというのだ!「返却することはできない」と言う未尽に、環は1つの賭けを持ちかける。
「――では、どちらが先に相手を見つけられるか、競争しよう」
テロリストの正体を探し、学校内を奔走する未尽の前に、次々と現れる【九童環】候補たち。それぞれの成し遂げようとする「テロ」とは!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直にいうと、携帯の持ち主を最初の最初でよんでしまっていたいたという。
    どんでん返し的な展開はない。

  • 結局誰が九童環だったのか?
    自ら言葉を発しないように決めている未尽が校庭で携帯を拾ってしまったため物語は始まる。
    これもフーダニットの一種だろうが、推理に推理を上書きしていくようにテンポよく話が進む。
    最後は誰だったのか、こうゆう投げっぱなしの謎は誰かと話したいものである。

  • 音読したくなるような表現が頻出して(実際に何度もした)、読んでいて楽しい作品だと思います。
    一方で物語そのものは小さすぎて、エンタメとしてはまとまり過ぎているかなと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

小説家。「ニトロプラス」所属。著作に『幽式』、『フェノメノ』シリーズ、『少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語』、『黙視論』、『謎の館へようこそ 白』(共著)などがある。

「2018年 『僕だけがいない街 Another Record』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一肇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
ヨシタケ シンス...
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
今村 昌弘
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする