図解 無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい

著者 : 松井忠三
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年2月28日発売)
3.35
  • (3)
  • (4)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :91
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025376

作品紹介

ベストセラー『無印良品は、仕組みが9割』が図解でさらにわかりやすくなった! 良品計画のトップが語る「シンプルに成果を出す」仕組みの作り方――今日から誰でも実践できるノウハウ、ポイントを抽出して紹介!

図解 無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無印良品は、仕事の仕組が9割を過去に読んだが、その本の図解入りの要約版です。
    いま読んでも、マニュアルをベースとした業務の仕組みを整えて、且つ常に業務を改善しながら仕組みを進化させる仕組みを整えていることに感銘します。まさに、仕組みの2重奏です。
    この手のスタイルは、地味な一面があるので、かなり社内を牽引することに、多大なるドライブをかけられたのではないかと感じます。
    ある意味、単純な論理ながらも、なかなか真似することはできない経営スタイルだなと思います。
    シンプルこそ、その本質は深い。

  • 仕組化するのはすごいのかもしれんけど、やっぱなんか面白みがないんだよな

  •  仕組みに観点を置いた組織つくりは非常に納得ができるのだけれども、それを支える目に見えない文化というか文脈、会長の理念があるように思う。外側だけを取り入れても、形だけになるんじゃないかなぁ。
     面白いので、形だけでも、できるところからやってみたいと思わせるから実用書としては優秀。

  • あらゆる仕事をマニュアル化する。

    そうすることで「現場の知恵」を逃さない。
    一人の社員のセンスやスキルで、生み出される価値(無印らしさ)を、全店舗に同じように展開できる。

    業務マニュアルをつくることの大切さは理解しているつもりでしたが、無印良品のそれは"大切"というだけでは表現しきれない、「マニュアルが会社を支えている」という印象を受けました。


    具体的なマニュアルの作り方・更新の仕方も紹介されており、必携の一冊かなと思いました。

全4件中 1 - 4件を表示

図解 無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさいのその他の作品

松井忠三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

図解 無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさいはこんな本です

図解 無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさいを本棚に登録しているひと

ツイートする