百千さん家のあやかし王子 (6) (あすかコミックスDX)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025635

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6巻まで読了。
    元は人間だけど鵺という妖かしになり、現し世と異界の狭間に閉じ込められ、悪い妖怪(?)を抑える役割を負う少年と、それを取り巻く式神達や、本来鵺となるべきだった跡継ぎの少女など、私の好きな感じのファンタジー設定なのだけど、どこか惜しい。
    登場人物達の感情がどこか薄っぺらいというか、どうにも心に来ないのだ。言葉で色々と説明されすぎなんだろうか、とか、展開が唐突過ぎるんだろうか、とか、主人公がいい人過ぎて嘘くさいんだろうか、とか、原因はいくつかあるんだろうけど、とにかくもう一歩なんだけどな〜という作品。

  • 新キャラ登場
    先生怪しすぎる

    そして、葵もいろいろと謎だね。
    迷子の葵くんをひまりは救い出すことはできるのかな?

全2件中 1 - 2件を表示

百千さん家のあやかし王子 (6) (あすかコミックスDX)のその他の作品

硝音あやの作品

ツイートする