新妹魔王の契約者 (8) (角川スニーカー文庫)

著者 : 上栖綴人
制作 : 大熊 猫介 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年7月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025765

作品紹介

魔界での決戦を終えた刃更達が帰る間際、ラムサスに放たれた言葉、それは東城刃更の考える『真実』だった――。人間界に戻ると、万理亜とゼストの家事争奪戦が勃発。そして長谷川先生が刃更を旅行に誘ってきて――。

新妹魔王の契約者 (8) (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前の巻で魔界編がひと段落ついたのでそのエピローグ兼ちょっとした説明回みたいな一冊です。バトルがないため、割とエロス極振りに近かった気も…。日常回やるとこうなってしまうのは作品上仕方ないのか(苦笑)しかし先生はいろいろと反則過ぎる気がするんですが(笑)まぁそっち方面はいつも通りなので置いといて(ぇ、刃更の出自や、先生と迅の過去のつながり、万理亜と魔王の血族の関係など、いろいろと解明された謎もチラホラ。次は里帰りらしいので今回あまり出番のなかった姉妹メインっぽいかな?

全1件中 1 - 1件を表示

新妹魔王の契約者 (8) (角川スニーカー文庫)のその他の作品

上栖綴人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新妹魔王の契約者 (8) (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする