眠りの部屋 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.46
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025949

作品紹介・あらすじ

美しきセラピスト・童夢が開くこのサロンは、肌触りのよいシルクのシーツにくるまり、アロマの香りに満たされながらぐっすり眠る場所。女たちは、セラピーを通して、自分の内なる欲望に気づいてしまうが……!?

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わたしも!!!こんな男の人に!!!愛されたい!!!!!というのは冗談で、優しいお話だったな、というのが感想です。わたしも通いたいですスリープセラピー。でもそうしたらやっぱり童夢に恋をして、きっと彼女のように嫉妬に狂って痛い大変な目にあうのが目に見える。心に響いたのは「自信を持つのは大事なことで、だけど自信だけは、どんなにプレゼントしたくても人が人にあげることができないもの。だから自分が掴みに行くしかないのよ、努力をして。」その言葉。でもそれとは別に、この本の中に感じる愛とは、わたしとはきっと縁の遠いもので現実には成り得なくて羨ましくて苦しい気持ちを抱えこんでしまったので星は4つ。

  • エッセイで感じる毒舌に通じる、女性の自意識の部分に関連した心理描写は、真に迫るものがある。
    ただ、童夢と花の愛情関係があると想像されるが、まったく描けていない。作者のそういった感情が疑われる。
    短編の短期的な恋愛の小説に、作者の良さが表れると思う。

  • 睡眠欲求の高い眠りを崇高に考えてる青年が、眠る場所を提供する話。

    昼寝カフェ?みたいなのいってみたいよねー。
    神経質な人は無理なんだろうな。

  • Lilyは気になってたところで初読み
    なんだろう、村上龍みたいなかんじ
    私の見てこなかったアンダーグラウンドを見てきたひとの書く文章、みたいな

    知らない世界を垣間見ているようで
    物語に入り込めなかった

    何年後かにもう一度読んだら
    わかるようになるのかな

  • 夢の中で更に夢を見て、そしていつしか深い深い眠りの中
    目覚めると1時間しか眠ってないのに、長く眠ったようにスッキリ
    私も受けたい童夢のスリープセラピー
    途中、チクチク痛いやら重いやらもあるけれど
    最後は笑顔で心もスッキリ
    地よく眠れたからといって、問題が解決する訳ではないけれど…
    熟睡して休めた後は、体も脳もスッキリし
    良い考え、前向きな気持ち、頑張りパワーが出てくると思う
    あーホント童夢のスリープセラピー良いな~

  • 人それぞれの人生があり、時には暗い過去もある。熟睡出来るサロンを通して、人間模様が見えてくる。やっぱり最後は愛情になるんだ!と思える本。

  • それぞれ闇を抱えていて
    愛を求めていて

    人対人だから思うようには伝わらなくて
    歪んだ形で表現されて


    結局正解なんてないんだろうけど
    愛って簡単でもあり難しくもあるんだなと思う作品でした。

    好き嫌いはすぱっと分かれそうだけど
    私は好きです

  • 2015/8/10読了。
    Lilyさんの本は全部持ってるが、段々わたしが追いつけなくなっている。
    (彼女の人生のスピードに)
    私は彼女は小説ではないものを書いてくれた方が長所が発揮されるのではないかと思うのだけど…
    ただ、独創的な物語で読み易くはありました。
    ライトノベルですね。

全9件中 1 - 9件を表示

眠りの部屋 (角川文庫)のその他の作品

LiLyの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
桜木 紫乃
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする