ホームグラウンド (角川文庫)

  • KADOKAWA/角川書店
3.67
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025963

作品紹介・あらすじ

休耕地の有効利用を持ちかけた圭介に、祖父の雄蔵はある少年について話し、荒れた土地を耕し始める。芝生の広場をつくる、という老人の夢に巻き込まれていく圭介は、迷いのあった人生の舵を切るが――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上司が教えてくれた言葉に、「物を大切にしない奴は、人も大切にしない」というのがある。雄藏にとって由紀子は大切な娘だけど、突然のことにうまく接することができなかったんだと思う。親父としては当然だ。孫ができて嬉しくない親は稀だろう。きっと、孫の顔より由紀子の将来を思いあぐねいたんだ。雄藏は君枝に元気を与え、自身の命の恩人である男の子にもう一度会うために、庭に芝のグラウンドをつくることで再び生きる活力を得て、それを手伝う圭介と春奈、修司も人生にとって大切なものに気づかされる。まわりのひとたちと一緒じゃなくても幸せになれる。大切なのは自分にとって何が必要なのかを知ることなんだと思う。簡単じゃないけど。
    芝を一年中青く保つには手入れが必要だ。人の心も同じ。解説の中江有里が言う。
    人の心は目に見えるもんじゃない。オイラの上司はだから言ったんだな、「物を大切にしない奴は、人も大切にしない」って。

  • じいさんの土地にサッカーができる芝の広場を作る物語。盛り上がりに欠けるかな…。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

千葉県生まれ。2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー。「サッカーボーイズ」シリーズは全5作で累計50万部を超える大ヒットとなる。他の著書に『最近、空を見上げていない』『スパイクを買いに』『ホームグラウンド』『帰宅部ボーイズ』『たとえば、すぐりとおれの恋』『ぼくの最高の日』『ここからはじまる』『波に乗る』『ムーンリバーズを忘れない』などがある。

「2017年 『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ホームグラウンド (角川文庫)のその他の作品

ホームグラウンド (角川文庫) Kindle版 ホームグラウンド (角川文庫) はらだみずき
ホームグラウンド 単行本 ホームグラウンド はらだみずき

はらだみずきの作品

ツイートする