九十九怪談 第六夜 (角川文庫)

著者 : 木原浩勝
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年5月23日発売)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025987

作品紹介

誰もいないアパートの空き室で次々に起こる怪異を紹介し、シリーズ最恐とささやかれている「港区のアパート」。その 後日談」をはじめ、本当にあった実話怪談集第6弾。すべて本当にあった話です。

九十九怪談 第六夜 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 普段はホラー、怪談系は苦手でほとんど読まないんだけれど暑い時期になると、何故か欲してくる怪談話。

    以前、新耳袋を読んでいた事があって同じ著者なので手に取ってみる事に(6巻目なのは、行った書店にそれしかなかった為)

    短編なので長くても1,2ページで完結するので、読みやすい。

    肝心な怖さレベルはというと、怖がりな私でもさほど怖さは感じずに読めた(中には、怖っ!っていうのもありましたが)ので、これからの暑い時期にはもってこいかも。

  • 2015/07/03

全2件中 1 - 2件を表示

九十九怪談 第六夜 (角川文庫)のその他の作品

九十九怪談 第六夜 単行本 九十九怪談 第六夜 木原浩勝

木原浩勝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

九十九怪談 第六夜 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする