そっと、抱きよせて―競作集・怪談実話系 (角川文庫)

制作 : 東 雅夫  幽編集部 
  • KADOKAWA (2014年7月25日発売)
2.65
  • (0)
  • (0)
  • (14)
  • (5)
  • (1)
  • 70人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026052

作品紹介

正月の二日に女が死ぬと、七人道連れにする-田舎町で囁かれる不吉な言い伝え、古いマンションに漂う見えない子供の気配、霧深き山で出会った白装束の男たち、どこからともなく聞こえる「ほおみい」という謎めいた囁き…現実と虚構のあわいに広がる不穏な世界、かすかな不協和音を、日本唯一の怪談専門誌「幽」に集う10人の人気作家が紡ぎだす。読む者を鮮烈な恐怖の世界へと誘う、豪華書き下ろし競作集。

そっと、抱きよせて―競作集・怪談実話系 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白くない。

  • あんまり入り込めなかった。
    この写真のとは違うけど、本の表紙のイラストがハンパなくかわいい!!
    女の子が金魚鉢の金魚をにゃんこにあげているイラスト。町田尚子さん作。

  • 執筆者に辻村深月さんがいたので図書館から借りてきました。
    まさか怪談しかも実話系だったとは・・・
    10名による10作品。
    怖かったのは「猿工場の怪」と「野獣の夜」かな。
    香月日輪さんと辻村さんの作品は思ったより怖くなくて読みやすかったかな。

  • 実話系の「系」ってどういうこと?作家さんたちの体験なの?怖い。

  • 香月日輪さんが一番良かったかな。

  • 色々な作家さんの実話系。

    実話『系』なのは、本当なのか違うのか…。
    香月さんの話は、これによってあの話ができた? と
    ものすごく分かりましたが。
    実話…実話だったら恐ろしいですが
    現実は小説や漫画よりも恐ろしい…。
    1月に死ぬと7人連れて行く、は言い伝えだと思ったら
    結構最近の話だったのにびっくりです。

    目的だった辻村さんは、占い師。
    不確かな言い方をしたりして、当てはまる事を
    占われる人間自身に探させる。
    とはいえ、本当にそう言われてしまったら
    驚きを通り越してぞっとします。

    それ以外の話は特に…というよりも
    お話のような感じで、実話っぽくなかったです。
    漫画はすごく分かりやすかったですが。

  • 藤野さんの過去初めて知った。皮膚疾患は辛い…内臓からくるのか。
    朱野さんの話が一番怖かった。子供を産むってやっぱり生命を受け渡すってことか。

  • 怪談アンソロジー。あからさまではなく、ひそやかな恐怖が描かれた一冊。
    お気に入りは松村進吉「愛しい呪い」。これはやはり、猫好きには惹きこまれる一作です。怖いだけでなく、愛情も感じられるのでなおさら。

  • この前のずっとそばにいるの第二弾。一弾目の方が面白かったかな。中では猫と七代目が面白かった。それと、愛しい呪いも猫の話で、考えさせられる話で心に残った。

全13件中 1 - 10件を表示

そっと、抱きよせて―競作集・怪談実話系 (角川文庫)のその他の作品

ツイートする