吉野北高校図書委員会〈2〉委員長の初恋 (角川文庫)

著者 : 山本渚
  • KADOKAWA (2014年8月23日発売)
3.80
  • (11)
  • (15)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
  • 146人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026069

作品紹介

みんなの頼れる図書委員長・ワンちゃん。彼の憧れは、いつものほほんと穏やかに見守ってくれる司書の牧田先生。高2の冬、進路のことで家族ともめたワンちゃんは、安らぎを求め司書室へ。だけどそこで出会った牧田先生の、普段とは異なる意外な素顔に動揺して…。憧れから初恋へと変わっていく、高校生の甘酸っぱい葛藤を描いたシリーズ第2弾。委員仲間のかずらへの恋心と将来の進路に悩む藤枝のパート「希望の星」を併録。

吉野北高校図書委員会〈2〉委員長の初恋 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何やのこの本は!! あまずっぱすぎるわ!! 著者は高校生か!? そうなのか!? 笑

    ここんとこ、ハイリスクハイリターンな本ばかり読んでいたので、こういうほのぼの青春キラキラ系小説は大変大変楽しめました。
    正直、この話は好みのキャラがまったく登場しないのに、なんかもう読んでしまうねん。
    不器用な子たちが不器用にすごす高校生活・・・。

    「あるある!!」

    ちゅう具合が詰まっていて、たまらんねやろうね。
    表題作じゃなくて短編で藤枝がいうていたように、「未熟なやつが未熟なりにいろいろ考える」と、いうことが許されるのは、確かに高校生なのかも。

    もちろん、中学でも小学校でもそれは同じやけど、「考える」と、いう幅が最大限に広いのは高校やわ。

    社会人になったら、3年も同じところにおって「未熟」やったらちょっとあかんやん。
    でも、高校生は3年間ずっと「未熟」でもええねん。それでもあれこれ考えながら日々過ごすことが、高校生の仕事やから・・・。

    そうか・・・。そうかー。

    友だちとわいわい騒いだり、人や物に憧れたり嫉妬したりして、自分で持て余すぐらいの情熱と向き合う期間なのね。
    私自身、高校時代をそうやってすごしてきているので、後悔することなんてひとつもない。
    彼らにおける「図書委員会」のような仲間にも恵まれたし、ほんとうに楽しかった。

    うらやましいなって思う友だちの視点から見たら、やっぱり向こうもうらやましいって思ってるんやねえ。
    お互いに尊重しあってるから、こんな素敵な関係が築けるんやろうな。

    次は大地の話かな?
    かずらといいワンちゃんといい、大地といい、みんな優等生なので、これ以上この面子の話は広げられるんかしら。
    そろそろ後輩の話も読みたいかも。


    「自分がどうしたいか」よりも、「がっかりさせたくない選択肢を選びたい」と、思うワンちゃんの気持ちは、痛いほどわかるよ~!!
    ほんで、結局自分がどうしたいかを見失って、「自分って中身空っぽなんかな」と、まで悩みそうになるのも、わかる、わかる!!

    ただ、私の場合は、高校生のころは自分でバンバン選択できた。
    第三者の意見よりも自分の意見を優先していたし、そんな自分が嫌いじゃなかったのに、どうしてか大人になってから、そういう瞬発力がまったくなくなってるのよね~。なんでやろうねこれ。

    やっぱり、若いころにこうやって失敗(?)しとかないとあかんのかな。
    大人になってからの失敗は、ほんま、あとを引きすぎるわ。やるべきことはやるべきときにやっとかないと、こじらしたらややこしいだけやな!

    彼らにとっては、穴を掘って二、三日埋まっていたいぐらいの出来事でも、こうやってみたら「全然たいしたことない」ねんな。
    それはたぶん、今の私も同じやろうし(笑)、「なんでも受け止めてくれるいい人」が、たまに自分の意見をドーンと出したり、グルグル悩みすぎてどうしようもなくなっても、

    「あ、受け止めてくれないんやったら、距離を置こう」

    なんて去って行ったりなんか、せえへんねやろうね。ちゅうか、去るような人とは今とりつくろっても、結局いつか別れるときがくるんかも。

    私も、期待されてる自分とは違う自分になってみようかな。
    いやいや、期待されてるんかな。そもそもそこか。(;^ω^)

    今回のワンちゃんといい、藤枝といい、恋愛感情を認識はするけれど特に発展はしないっていうのも、
    「あー、高校生!!」
    っていう感じやんね。
    好きとか嫌いとか、付き合うとかどうとかよりも、思わず目で追ってしまう相手が話す言葉とか、しぐさとか、持ち物を思うだけで、数日は悩める。

    そういう日々も、ほんま、大事よね~。

    この本は現役の中高生が読んでも、そこまでグッとこないのかもな。

    あと、川本さんが読む本が気になる。今回は「トムは真夜中の庭で」らしい。聞いたことがあるなー・・・。
    前回は吉本ばななを読んでみたくなったけど、今回はこのタイトルかな。

    「獣の奏者」も、「そうか、読んだのか・・・」と、ちょっと思ってしまった。笑

    ああ・・・、本について話せる友だちがいるなんて、うらやましい・・・。


    それにしても、ワンちゃんの、牧田先生への恋心はすごいな。純粋すぎるわ。ちゅうか、乙女フィルターかかりすぎやろ(笑)。
    牧田先生は結構シビアっぽいよー(と、思うのは私がオバチャンやからか。笑)。

    まあまあ、フィルターがかかる恋心も、高校生ならではってことでね!

    (この時期にフィルターをかけておかねば、二十代になってからフィルターをかけるとほんま大変なことになる)

    (2017.05.12)

  • ワンちゃんがしっかりした長男くんで泣ける!(いや、なくお話しではないが…)
    こんな息子がいたら頼もしいね♪
    ってことで、読み手がおばさんだから星5つ(笑)

  • 進路ってなんとなく決めてしまうもので、自分にはこれしかないと
    信じられる道を見つけられる人は少数派でしょう、
    この話の登場人物たちも、そんな感じですが、適当という感じはなく一人ひとり立派に見えます。
    同じように、そうではない普通の人が、それを卑下すること無いんだと思える話と思感じる。

  • 2015.11.28 読了

  • ワンちゃんも環境の変化(かず、大地、ワンちゃんの三人組の揺らぎ)に戸惑っていたと知り、かず、あなただけが動揺したわけじゃなかったんだよ!伝えてあげたい気持ちに。
    ワンちゃんは本当によく周りを見ていると思う。
    でも、それと同じくらい周りの人たちもワンちゃんを見てるなと。
    自分のことを本気で考えられるのは自分しかいないし、ワンちゃんの悩みはワンちゃんだけのものだけど、見守ってくれる仲間がいるってことはいいなって思った。
    みんな誰かのことを想っているいい子たちばっかり。

  • 前作に引き続いてのピュアっぷりな面々だが、心理描写がとても丁寧にされていて、ドラマチックさよりも「普通」が描き出されているので、そんな彼らを見守りたい気持ちが芽生えてくる。ある種、本好き地味系高校生の理想と夢想を形にしている感。

  • 今回はほぼワンちゃんが主役。

    なんでもそつなくこなせて、図書委員のみんなからの信頼も厚い彼にも、彼なりの悩みがあったんだ。

    進路をしっかり決めていたはずなのに、ある事であっさりそれが揺らいで、ついでに妹から風邪を移されて心身共に疲れ果て、無意識に癒しを求めて尋ねた先で見た光景は・・・

    よくあるよね。
    相手の全てを知ったつもりになり勝手にこういう人物に違いないと決めつけてる事って。
    それで予想外の一面を垣間見た時に理想と違ったら、相手にキレるの。
    ワンちゃんは熱のせいもありそれをやらかしちゃうわけだけど、ちゃんと後でやらかしたことに気付き、悩み反省して受け入れようとするのが素晴らしかった。

    ワンちゃんに尋ねられた時の藤枝の答えが、的確だったのがまた良いね。 

    この巻で、牧田先生のファンになったわw
    全然俺の方が年上だけどあんな大人になりたい。

    藤枝ってなんだかんだですごく良い奴だよね。
    藤枝と川本さん上手くいって欲しいなぁ。

    何かというとすぐやっちゃったりする、最近の高校生の恋愛と違くて、ほんわかしてるのが読んでて微笑ましく思えるw

    3巻目が楽しみ!

  • 委員長の初恋という副題の通り、委員長のワンちゃんが主役。
    恋愛に興味のないワンちゃんだったけど、司書の牧田先生のことは尊敬していた。
    進路希望調査を通して悩んでいる中、牧田先生がパンクロックが好きだと言うことを知り動揺する。
    ワンちゃんは牧田先生のことが好きだということに気が付くのだった。
    青春溢れる内容。

    進路のことがありつつも、基本は恋愛部分が多いので結構ぬるい。
    高校で付き合っても進路が違うと自然と疎遠になってしまうことが多いので、川本と藤枝がどうなるるのか気になる。
    付き合って卒業後も続いてほしいなあ…。

    高校のときの進路希望。
    どんな仕事に就きたいかとかなんて考えたことがなかった。
    ワンちゃんのように周りに言われるまま、という人も多かったのではないだろうか。
    同じく進路に悩む藤枝の何が好きか、何に憧れているか、そんな視点から考えるのもよかったのだなと思える。
    図書委員も、当時は全く思わなかったけれど、もうすこしまじめに参加すればよかったな、と、今だから後悔する…。
    登場人物たちの恋愛模様よりも、自分の過去と照らし合わせて後悔の渦に苛まれる…。

  • 良い雰囲気

  • 高校生の図書委員にまつわる日常。
    いいなぁ、青春って。

    昔に戻って楽しめるライトな作品。

全14件中 1 - 10件を表示

吉野北高校図書委員会〈2〉委員長の初恋 (角川文庫)のその他の作品

山本渚の作品

吉野北高校図書委員会〈2〉委員長の初恋 (角川文庫)はこんな本です

吉野北高校図書委員会〈2〉委員長の初恋 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする