もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (角川文庫)

著者 : 工藤美代子
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年10月25日発売)
3.83
  • (3)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026090

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「三島由紀夫の首」が秀逸でした。

  • 「怖い顔の話」が面白かったので、それ以前に書かれたこのエッセイも読んでみた。面白かった。あまり、怖くないから抵抗なく読める。でも、不思議なものが見えない体質で良かったと思った。川端康成の奥さんの話しは興味深かった。死者に引きずられることもあるかもしれませんね。

  • 視点がとっても新鮮でおもしろい。

  • 今、住んでいるジャカルタのアパートの図書室から借りてきた。休みの後は、一時帰国から戻ってきた日本人が本を置いてくれるので、本棚が充実してくる。

    本書は、題名を知った時から読みたいと思っていた。著者の工藤美代子さんは、「神々の国 - ラフカディオ・ハーンの生涯」や「悪名の棺 笹川良一伝」の著書がある一流のノンフィクション作家。まずは、そのような作家が「お化け」という世間話をどのように記述するのか、興味があった。

    工藤さんは、幼い頃から霊感があるらしい。本来は、そこにいない人を感じたり、見たりする。本書では、工藤さんの「お化け」体験が淡々と綴られてゆく。わざと、ドラマティックにしないのが良い。何となく、リアリティが湧いてくる。それでも、兄の飼っていた犬の話は、ホロリと来たし、三島由紀夫の首の話は鳥肌が立った。

    なお、インドネシアでは、殆どの人が幽霊の存在を信じている。私も赴任から11年目で座敷童子(インドネシア語でトゥユール)を見るようになった。本書に出てくるブラックマジックの話も、インドネシアでは日常の話である。

    子供の頃、大人のするお化けの話は良質のエンターテイメントだった。そんなことを思い出させてくれる★3つ。

  • 醤油味の怪談。怖さでは「なぜオバ」よりは怖いが、ホッコリするお話も多く気楽に読めました。

    解説で、角田房代も書いているが、お化け話もいいのだが、工藤さんの人生の方がもっと凄い。自分もそちらに興味を惹かれた。

    確か、自伝的な要素の強い作品もあったと記憶しているので、そちらも読んでみたい。

全6件中 1 - 6件を表示

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (角川文庫)のその他の作品

工藤美代子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
沼田 まほかる
東野 圭吾
三浦 しをん
フェルディナント...
村上 春樹
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (角川文庫)はこんな本です

ツイートする