小説 秒速5センチメートル (角川文庫)

著者 : 新海誠
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2016年2月25日発売)
3.72
  • (42)
  • (59)
  • (57)
  • (14)
  • (2)
  • 本棚登録 :669
  • レビュー :76
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026168

作品紹介

「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」。いつも大切なことを教えてくれた明里、彼女を守ろうとした貴樹。二人の恋心の彷徨を描く劇場アニメーション『秒速5センチメートル』を監督自ら小説化。

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」いつも大切なことを教えてくれた明里、そんな彼女を守ろうとした貴樹。小学校で出会った2人は中学で離ればなれになり、それぞれの恋心と魂は彷徨を続けていく…。劇場アニメーション『秒速5センチメートル』では語られなかった彼らの心象風景を、新海誠監督みずからが繊細な筆致で小説化。1人の少年を軸に描かれる、3つの連作短編を収録する。

  • 詩的な文体

  • 名作アニメの監督によるノベライズ作品。
    第一話を少年の一人称、第二話を少女の一人称でほぼ映画通りに描いた後、第三話を三人称で、映画に描かれなかった部分を大きく取り上げた物語に。
    著者はあとがきで映画を未見の人にも楽しめるように描いたと仰っているが、果たして未見の人がどう読むのか。

  • 切ない。切なすぎる…。

  • 先日、都内で久しい雪が降りました。
    だから、読み返し、記録を残しました。
    のろのろと、秒速数文字くらいの速さで。
    それくらい、ゆっくり味わわないと勿体無いくらい
    ほの暖かい青春のお話。

  • 映画を観たかどうかがあやふやだったが、観ていたことがわかった。ただ、時間がずいぶん経っている。
    監督がノベライズしたもので、詳細に映画を思い出せるところとそうでないところがあるのは、意図して変えてある部分なのだろう。機会があったら、また映画を観てみたくなった。

  • 高貴が澄田を拒否していたことに一番驚いた。高貴はそれくらい、失恋ゾーンにいたんだと思うとせつない。

  • 年甲斐もなく、また手を出してみた本作。…蒼い頃のドキドキ感を思い出す、、。

  • 叶わない初恋と、それを想い出として、けれど一面では呪縛のように抱えて生きる貴樹と、その世界の物語だった。
    映画を先に知り、「秒速5センチメートル」はとても好きな映画だ。
    繰り返し観るし、山崎まさよしさんのあの曲が別な場所で流れても、あぁこれは「秒速5センチメートル」の曲だと感じてしまうくらいに。
    明里との関係があまりにしっくりきすぎて、貴樹にぴつたり、ちょうど過ぎて、彼は明里と離れたあとの自分の扱いにいつも困っているように見えた。
    大人になっても世界に馴染めない気がするのは、明里といた世界があまりに自分の中に溶け込んでいたからなんじゃないか、と思う。
    それでもいろんな人と離れて、社会とも離れて、人も自分も擦り減らして、ひとりになって初めてわかることや見えるものはきっとたくさんある。
    貴樹はその中で少しずつ何かを取り戻していったのかもしれないなと感じた。
    最後のあのシーンは、映画を観た時も「あれはああいう風にしか終われない。あそこでやっと貴樹くんは歩き出すんだよ、きっと」なんて話を家族と何度もした。
    言葉で成り立つ小説版で改めてそこに触れられて、嬉しかった。

  •  映像より女性の視点がわかりやすくて驚いた。
     もともと原作映像を見ていた時から、モノローグやせりふ回しがうまいなとは思っていたけれど、実に抒情的。

     なるほどなぁ……。やはり切ない。

全76件中 1 - 10件を表示

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)のその他の作品

新海誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)に関連する談話室の質問

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)に関連するまとめ

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする