小説 星を追う子ども (角川文庫)

制作 : 新海 誠 
  • KADOKAWA
3.00
  • (2)
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026311

作品紹介・あらすじ

父の形見の鉱石ラジオから聴こえてきた不思議な唄を忘れられない少女アスナ。そんなアスナの前にある日、アガルタという遠い地から来た少年シュンが現れる。二人は心を通わせるが、シュンは突然アスナの前から姿を消してしまう。「もう一度あの人に会いたい」と願うアスナの前にシュンと瓜二つの少年シンと、妻との再会を願いアガルタを探し求める教師モリサキが現れる。そして開かれるアガルタへの扉。3人はそれぞれの想いを胸に、伝説の地へ旅に出る――。それは、“さよなら"を言うための旅……。『君の名は。』新海誠監督の劇場アニメ『星を追う子ども』(2011年)を小説化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/4 7冊目(通算59冊目)。新海誠氏の同名映画のノベライズ。映画は公開時と配信サービスで2回観賞済。今回、ノベライズを読んだが、映画の話とあまり変わらない(と思う)ので、率直に言って大した感想はない。文章を読んで、映画を見た時の場面を思い出す程度。不思議とアニメで見るより、文章で読んだ方が話をストンと理解できたような気がする。(前にアニメを見ているからかも知れないが)。普通です。感想はこんなところです。

  • アガルタという言葉を聞いて20年以上前に流行った!?魍魎戦記MADARAを思い出しました。


    確固たる目的もなく、ただ漠然と旅をするアスナと、死んだ妻を蘇らせるために旅するモリサキ。
    二人は異世界のアガルタを旅する。


    無理矢理例えるならば!
    死んだパズーともう一度会いたいと思うシータと我欲に囚われない優しいムスカが旅をする物語!

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1978年生まれ。2005年、第6回えんため大賞優秀賞を受賞した『渚のロブスター少女』でデビュー。他の小説作品に『赤井くんには彼女がいない』『誰よりも優しいあなたのために』『げーまに。』などがある。

小説 星を追う子ども (角川文庫)のその他の作品

小説 星を追う子ども (角川文庫) Kindle版 小説 星を追う子ども (角川文庫) あきさかあさひ

あきさかあさひの作品

ツイートする