最低。 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.26
  • (2)
  • (7)
  • (14)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026328

作品紹介・あらすじ

映画『64-ロクヨン-』(横山秀夫/原作)を手掛けた瀬々敬久監督により2017年秋、実写映画化!
現役AV女優・紗倉まなの小説デビュー作が待望の文庫化。
AV出演歴のある母親を憎む少女、あやこ。家族に黙って活動を続ける人気AV女優、彩乃。愛する男とともに上京したススキノの女、桃子。夫のAVを見て出演を決意した専業主婦、美穂。四人の女優を巡る連作短編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一番魅力的に感じたのはあとがき。
    書店であとがきを立ち読みして購入を決め、読み終わってからもう一度あとがきを読み返した。
    なんて素敵な「本との出会い」だろう。
    そこに至るまでの様々な出来事に対しては何も言えないけれど、こんな風に本を薦めてくれる友人がいるのは素敵なことだと思う。

  • 紗倉まな『最低。』角川文庫。

    連作短編集という訳でもなく、何か伝わるものがあるかというと、そういうこともなく…現役AV女優による小説デビュー作にして、近日公開の映画原作小説ということらしい。

    綾乃、桃子、美穂、あやこの4人の女性を主人公にしたAVにまつわる短編を収録。

    可もなく、不可もなく。

  • ある程度先入観を持って読んだけど、思ったよりもずっとこなれた文章で驚いた。でも句点の使い所はもう少し絞って貰った方が疲れないかなと、、
    内容も、正直可もなく不可もなくと感じてしまった。もっと著者らしさを出してくれることに期待!

  • 「最低。」
    公開日:2017年11月25日
    キャスト:森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、忍成修吾、森岡龍、高岡早紀、渡辺真起子、根岸季衣
    監督:瀬々敬久
    http://saitei-movie.jp/
    Twitter https://twitter.com/saitei_movie
    Youtube https://www.youtube.com/watch?v=IuE3-D1AfDE

  • 独特な句読点に最初イラっとしたものの、ストーリーの内容は面白くて、最後まで楽しく読めた!

  • 思いの外面白かった。読点の位置が謎の箇所が多かった。

  • 芸能人(作家が本業でない人)が書いた小説を読むのは初めてだったけど、叙情的でのめり込んでしまった。どんどん読み進めて最後のほうは終わるのが惜しくてペースダウンしてちょっとずつ読んでた。
    北海道や石川県の景色も想像しやすかった。
    もっとたくさんの作品を読みたい。

  • 病みそうな人は読まない方がいいw
    生々しくて、でもこういう人は絶対身近にいそうだなっていう短編小説。

  • 生きている世界は違う

    いや

    見ている世界が違う

    ただそれだけのこと。

    ドラマより現実的で

    ドラマよりおもしろい。

    人間が生きるって、こういうこと。

    私の知らない世界がありました。

  • 読了。AV女優の書いた小説。4人のAV 女優の短編集。文章の良し悪しは、私にはわからない。でも引き込まれるように読んだ。面白かった。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1993年3月23日、千葉県生まれ。工業高等専門学校在学中の2012年にSODクリエイトの専属女優としてAVデビュー。15年にはスカパー! アダルト放送大賞で史上初の三冠を達成する。著書に17年秋の実写映画化を控える初小説『最低。』、『凹凸』(いずれもKADOKAWA)、エッセイ集『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)、スタイルブック『MANA』(サイゾー)がある。

「2017年 『最低。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最低。 (角川文庫)のその他の作品

最低。 単行本 最低。 紗倉まな
最低。 (角川文庫) Kindle版 最低。 (角川文庫) 紗倉まな

紗倉まなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柚木 麻子
朝井 リョウ
又吉 直樹
村田 沙耶香
湊 かなえ
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

最低。 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする