……なんでそんな、ばかなこと聞くの? (角川文庫)

著者 : 鈴木大輔
制作 : 白身魚 
  • KADOKAWA (2017年9月23日発売)
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041026342

作品紹介

高校生、藤沢大和(ふじさわ・やまと)はある日――死んだ。
しかし、幼なじみの少女、青山凛虎(あおやま・りんこ)はこう告げる。
「わたしがちゃんと生き返らせる。死なせないよ『今度は』」と。
――これは『終わりの物語』だ。郡上踊りが終わるまでの間、死と生が入り混じるこの場所で、『なぜ死んでしまったかも忘れ』そこに存在している大和。そして、『ある秘密』を抱えながらも、大和を生き返らせようとする凛虎。不器用で、真っ直ぐで、凛としたひと夏が今――「終わる」。
雑誌『ダ・ヴィンチ』で好評を博した、恋愛小説の名手が紡ぐ、夏の奇跡の物語、待望の書籍化!

……なんでそんな、ばかなこと聞くの? (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙からも、タイトルからも、それが泣かせどころだろうと匂わせているけど……まぁまんまとハマってしまった。

    岐阜県は郡上八幡、郡上おどりを舞台にした、ちょっとファンタジックな青春小説。正直、展開に大きな意外性はないし、不思議な出来事にも明確な説明が付かずにエモーションだけで乗りきった感はある。それでも感情が決壊するのは、それまで溜めに溜めたキャラへの、執拗なまでの設定の言及があるからかな、と思う。

    余談だが、郡上八幡は一度だけ行ったことがあるので、あの美しい街をリアルに回想できたのはよかった。

全1件中 1 - 1件を表示

……なんでそんな、ばかなこと聞くの? (角川文庫)のその他の作品

鈴木大輔の作品

……なんでそんな、ばかなこと聞くの? (角川文庫)はこんな本です

ツイートする