太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041027011

作品紹介・あらすじ

なぜ戦艦大和は今も「日本人の希望」でありつづけるのか――。人類未曾有の46センチ砲を9門も搭載した巨艦の最期を90歳を前後する老兵たちの証言で綴った渾身のドキュメント。シリーズ三部作、完結編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/4/28 Amazonより届く。

  • 太平洋戦争を生き抜いた方の証言に基づく著者の3部作の完結編。日本海軍の象徴的存在であった「大和」の建造から、太平洋戦争への参戦、そして沖縄へ向けての最後の出撃と沈没までの生涯を、「大和」元乗組員の証言から描き出します。当時世界最強・最新鋭の戦艦として日本の建艦技術の粋を集められて建造され、「大和が沈むときは日本が沈むとき」とまで信望された「大和」。その技術遺産は戦後の日本の造船を世界一に躍進させました。船としての「大和」については様々な資料でその性能などが論じられていますが、船上での日常や戦闘時の様子などは生き残った乗組員の方が非常に少なく(3300人余りの乗員のうち、生き残ったのは250人程度)、記録が少ないです。数少ないご存命の元乗組員の方が、どのような経緯で乗艦を命じられ、それぞれの持ち場でいかに戦われ、そして生還されたのか。1隻の船の命運の陰に、3300人余りの方の人生があることを改めて実感させられます。本書の巻末の解説にある次の1文が心に残ります。以下抜粋『多くの人が戦争の悲惨さをいつまでも忘れることなく次世代に伝える努力をすることによって、戦後70年を80年、100年とすることが出来るのではないか。』。

  •  戦艦大和の生き残った乗組員たちの証言集。戦争ノンフィクション3部作の完結編。

     ヤマトといえば、宇宙戦艦のイメージが強い私たち世代にとって、この戦艦大和の最後の姿に強烈な印象を受けました。

     戦艦による特攻という3000人を超える人たちが国や家族を守るため、命をかけて沖縄に向かっていく、そんな熱い思いを一心に大和が受け止め、戦い沈んでいく姿を、戦後70年経った今でもしっかりと感じていかなければならないと強く思いました。

     また、大和と対照的な駆逐艦「雪風」の存在も日本のあるべき姿を象徴しているようで、考えさせれらました。

     戦後70年のこの夏、この3部作を読むことができてとても意味のある夏になったと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1958年高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。政治、歴史、司法、事件、スポーツなど幅広いジャンルで執筆。2010年『この命、義に捧ぐ――台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞を受賞。主な著書に『甲子園への遺言――伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)『なぜ君は絶望と闘えたのか――本村洋の3300日』(新潮文庫)『死の淵を見た男――吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)などがある。

「2018年 『敗れても 敗れても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編 (角川文庫)のその他の作品

門田隆将の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
百田尚樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする