十津川警部 神話の里殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041027110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◎神話の里=奈良が舞台の殺人事件の謎を追う。疑問点は全部解決するのが十津川の仕事。
    事件は桜井という男が自殺したところから始まる。自殺であれば警察の手はいらないが、遺書に「神話の里で人を殺しました」と書いてあったのだから、十津川が登場することとなる。
    何でも、歴史研究会に加入していて、そのときは奈良に行っていたらしいという情報が柿崎という夫婦から入る。なんでも柿崎夫婦の父は、旅行先の奈良で桜井と会ったらしい。
    地元の警察に捜索を依頼すると、父柿崎の死体が見つかった。

    不倫疑惑が絡みながらすすむこの事件は意外な展開を見せる。不倫による愛憎劇かと思いきや、ある手紙によりまた違った様相を見せて、犯人逮捕へこれまた意外な証拠をつきつける。
    十津川の執念が勝った一件でもある。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

十津川警部 神話の里殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

十津川警部 神話の里殺人事件 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする