札幌アンダーソング 間奏曲

著者 : 小路幸也
制作 : あき 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年3月29日発売)
3.26
  • (9)
  • (24)
  • (59)
  • (14)
  • (0)
  • 本棚登録 :258
  • レビュー :47
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041027356

作品紹介

駆け出し刑事の仲野久の属する警察署に、「札幌の雪堆積場に死体を埋めた」という謎の文面が届く。しかし確信もなく雪堆積場を掘り返すことは不可能。久と先輩刑事の根来は、天才少年の春に協力を依頼するが……。

札幌アンダーソング 間奏曲の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なかなかドキドキワクワクする展開で、どんどんとページを捲っている私がいました。
    結果、久の彼女についてはよくわかりませんでしたが、これから出てくるのかなとか思ったりします。
    最終巻が楽しみです。

  • 札幌アンダーソングの続編。間奏曲という副題でもわかるように、完結編へ向けての布石なんだと思う。主人公の春を筆頭に、それ以外の登場人物もちょっと価値観が普通とずれていて、事件解決についても、普通と違う視点から語られるのが不思議な感覚であり、それが面白いのだけれど、ずーっと理詰めで説得されているような気もする。

  • あんまり面白くないなぁ。
    何かの続き物なのかな? 前提の設定がよく判らないが。
    ”天才”が机上で推測して、その通りになって、ざまあみろ、みたいな展開は、楽しめない。

  • 北海道は札幌。駆け出し刑事の仲野久が勤務する警察署に、謎の手紙が届いた。「おおきな ゆきたいせきば みっつのうちのひとつに したいをうめた」雪堆積場とは、雪国特有の、排雪した雪を運び溜めておく場所のこと。しかしその手紙だけを頼りに、巨大な雪堆積場を掘り起こすわけにはいかない。捜査が進む中、久の先輩刑事の根来は、被害者とされる男の娘に不審を抱く。「あの娘には、背徳の匂いがする」そして、「変態の専門家」で超絶美少年の志村春に、協力を要請するが…。

  • 2巻も面白くてさくさく読めた。
    そしてなんと言っても「変態」ワードね。前回に続き、内容がとにかく凄かった。推理小説にはあまりないワードだよね。 何度も卑猥単語やら意味深な言葉が出てきて驚くよね。
    でもそこがこの話の魅力かなって思うな。
    推理小説はハラハラして先が気になる衝動になりますよね、これもそうさせてくれる先の気になるものになっていました。
    最終作も早く読みたいです。

  • 20170627

  • 出でくるキャラのビジュアルと語り口でうっかり流れていくと、起こってる事件とその描写の際どさをスルーしそうになる。いやいや、かなりなことだよ。ギリギリだよ!
    …ってあたりが絶妙なんだろうな。

  • 2冊目。今回は不思議度が控えめ。次で終わりのようなので、どうまとめるのか楽しみ。
    2017/6/1

  • 駆け出し刑事の仲野久の元に、「札幌の雪堆積場に死体を埋めた」という謎の文面が届く。しかし確信もなく掘り返すことは不可能。久は、天才少年の春に協力を依頼するが…。『小説屋sari‐sari』掲載に加筆し書籍化。

    意外とあっけなく解決。

  • 登場人物、増やしすぎじゃない?
    あと、敵の魅力がうすいのがこのシリーズの難点か?

全47件中 1 - 10件を表示

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小路 幸也
東野 圭吾
宮下 奈都
三浦 しをん
辻村 深月
小路 幸也
辻村 深月
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

札幌アンダーソング 間奏曲を本棚に登録しているひと

ツイートする