妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.14
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041027561

作品紹介・あらすじ

「女が乗っているぞ!」その声が満州の空に届くことはなかった。白いワンピースの女を乗せた機体を操縦していたのは谷藤徹夫少尉(22歳)、女性は妻の朝子(24歳)。最後の特攻は夫婦で行われていた!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 終戦直後の昭和20年8月19日。
    妻を乗せて満州から飛び立っていった谷藤徹夫氏の生涯を、満州の歴史・情勢と重ね合わせながら記している一冊。
    途中満州の歴史についての部分がかなり長いが、メインはあくまで谷藤氏の生涯と、終戦後の特攻へ至る背景である。
    満州の歴史についての記述がかなり多いのは、それだけ時代背景や史実を正しく理解していないと、谷藤氏の特攻の意味を理解してもらえないのではないかということなのだろうか。
    最後、彼らを決断させたのは、軍人としての誇りなのか、意地なのか、責任感なのか、何れにせよ極限状態での決断であったことは間違いない。8月15日を過ぎてもなお、戦争は続いていたのだ。

  • 終戦の4日後、満州で妻をのせてソ連の戦車部隊に特攻をかけた日本兵を追ったドキュメント。
    戦中の満州支配の背景なども丁寧に説明されていて勉強になった。
    終戦後になぜ特攻をかけなければならなかったのかが最初は疑問だったが、本作品を読んでいるうちにやむにやまれずだったことが理解でき、改めて戦争の恐ろしさ、愚かさを実感した。

全3件中 1 - 3件を表示

妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻 (角川文庫)のその他の作品

豊田正義の作品

ツイートする