アンゴルモア 元寇合戦記 (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.82
  • (14)
  • (25)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :200
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041027837

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元寇、しかも対馬での攻防を描いた長編作品。
    勝ちを目指す戦じゃない、蒙古が対馬を去るまでの約一週間、ひたすら逃げ隠れ時に迎え撃ち、持ちこたえるだけのゲリラ戦。
    目標と期限が明確で緊張感もあり、非常に面白い作品でした。続き早く!

  • 押し寄せる蒙古軍の最前線となった対馬国。北条家の内紛に巻き込まれ流人となった元御家人朽井迅三郎は、他の流人と共に対馬国に送致され蒙古軍と戦うことを強いられる。地頭の宗氏一族は寡兵にかかわらず善戦するも宗助国・右馬次郎父子は討ち死に、義経流兵法に長けた迅三郎が実質的に対馬勢の指揮を執ることになる。彼は、古代防人の末裔である刀伊祓衆、彼らが奉ずる寿永帝(100歳の安徳天皇!)の助力を得、大将軍少弐景資と約束した7日後の来援まで対馬を死守しようとする。歴史的には対馬国は完膚なきまでに蹂躙されてしまうわけだが、蒙古軍が対馬国を退去(通過)するまで迅三郎がどのように対馬国を「護る」ことになるのか、興味は尽きない。

  • 1回目の元寇。文永の役の対馬での戦い。元の圧倒的戦力に対し、少しでも足止めをするために捨て石となれ、と罪人集めて送り込まれたうちの一人。義経流の使い手朽井迅三郎を主人公に話は進みます。
    義経流。源義経の剣術「ぎけいりゅう」。対馬の姫様攫いに来た中に、似たような剣術使いの存在を感じたところに、義経大陸生存説みたいな伝奇の匂いも感じられて楽しみです。

    圧倒的戦力の敵に対して、勝ち目のない戦いを挑まざるを得ない、という展開が「皇国の守護者」と似てる。朽井迅三郎と新城直衛の顔も似てるし。

  • 元寇の折、鎌倉幕府は九州本島に防衛戦を引き、壱岐・対馬を見捨てます。壱岐・対馬を拠点化しつつ侵攻するモンゴル・高麗軍は各島に上陸。制圧時の暴虐ぶりは酸鼻を極めます。この対馬攻防戦というかつてないテーマに挑戦した意欲作です。「応天の門」のような美しい描画はありません。ゴチャゴチャした絵ですが、パッションを買いたいと思います。

  • 前からちょっとだけ読んですごいと思っていたんだが、いやー面白かった。漫画を読んでいて、電車を乗り過ごすなんて何年ぶりだろう。

  • 元寇漫画、なるほど。史実としては知ていても、細かい部分は全然分からないので、漫画で読めるのなら、ってことで。絵とか表情は上手く描かれているし、場面展開もしっかり入ってくるし、個人的及第点はクリアです。ここからの展開も気になります。

  • 誰が何をしているか?が分かりにくいところがある。
    でも、元寇の漫画字体が新鮮だし、絵に迫力があって台詞もカッコいい。面白くて次巻が気になる。

  • 鎌倉時代、元寇の話です。

    主人公は罪人として対馬に流されます。
    対馬を舞台に元との攻防が始まります。

    主人公もヒロインも背景がありそうなひと癖ある感じが良いです。この巻では領主的な人が戦死するなど、先が読めない緊張感があります。

  • 元寇をテーマにしたマンガ。フィクション要素が強い。
    改めて考えるモンゴル帝国の強大さ。東アジアだけでなく東欧にまで勢力を拡げるその力。しかし嵐によって、小国日本がそれを追い返したという事実は、まさに奇跡。

  • 序章。様子見。旧態と貪り続ける者の比較

全20件中 1 - 10件を表示

アンゴルモア 元寇合戦記 (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

たかぎ七彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アンゴルモア 元寇合戦記 (1) (カドカワコミックス・エース)に関連するまとめ

アンゴルモア 元寇合戦記 (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする