光秀の定理 (角川文庫)

著者 : 垣根涼介
  • KADOKAWA (2016年12月22日発売)
3.96
  • (24)
  • (45)
  • (18)
  • (5)
  • (0)
  • 261人登録
  • 41レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028100

作品紹介

明智光秀はなぜ瞬く間に出世し、信長と相前後して滅びたのか――。

厳然たる「定理」が解き明かす、乱世と人間の本質。
各界絶賛の全く新しい歴史小説、ここに誕生!

永禄3(1560)年の京。
牢人中の明智光秀は、若き兵法者の新九郎、辻博打を行う破戒僧・愚息と運命の出会いを果たす。
光秀は幕臣となった後も二人と交流を続ける。やがて織田信長に仕えた光秀は、初陣で長光寺城攻めを命じられた。
敵の戦略に焦る中、愚息が得意とした「四つの椀」の博打を思い出すが――。
何故、人は必死に生きながらも、滅びゆく者と生き延びる者に分かれるのか。
革命的歴史小説、待望の文庫化!

解説・篠田節子

光秀の定理 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近新しい明智光秀像に迫る作品が多いような…

  • 歴史の史実を利用して面白く仕上げた生き方について考えさせられる小説。
    勧善懲悪ではなく、努力すれば救われる系の安直な小説でもなく、登場人物の立場や生き方、動く周りの環境と個性とをうまく織り交ぜながら、なかなか面白く仕上げた小説。
    久しぶりに面白いものを読みました。
    ちょっと4つの椀からものを選ぶところに固執しすぎている気がして、そこは少し幻滅。(なければ星5つでもいいと思う)

  • 明智光秀は主人裏切りの悪者という印象しかなかったけれど、その裏切りを起こした理由を考えるとそうでもないのね。ただ、光秀よりも新九郎が人として成熟していくサイドストーリーのほうが自分に重なってためになりました。

  • 読みにくいなぁ

  • 垣根涼介ということで期待し過ぎたところもあり、星3つ。ただしやっぱりそれなりにおもしろかった。明智光秀って悪い印象しかなかったけど、こういう側面から書かれたものもいろんな視点を持てていいなと思った。

  • 光秀すきにはお勧め!!

  • 2017.10.15読了

  • ベイズの定理の話。

  • これは確かに歴史小説だ。だが、その一方でこれほどロジカルな歴史小説は初めてだ。
    真の主人公の二人が光秀の本能寺の変を解釈しているところを読むと、分かりきっていたはずなのに、確かにそうだ、と納得してしまう。本能寺の変は必然的なものだったのだと。
    しかし、個人的には細川藤孝の名脇役ぶりが際立っていて、この作者に藤孝を主人公にした作品を書いてもらいたいと思うレベル。

  • 光秀の小説ながら、あの「変」を外している。
    それなのに、光秀の人となりがよくわかる。
    時代小説ながら、垣根節が入っていて、青春小説にもなっていた。なにを読んでも同じという批判も考えれるが、それこそが、垣根の小説を読みたがるファンなんだと思う。
    歴史は勝者によって作られる。敗者は座すしかない。

全41件中 1 - 10件を表示

光秀の定理 (角川文庫)のその他の作品

光秀の定理 (角川文庫) Kindle版 光秀の定理 (角川文庫) 垣根涼介

垣根涼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

光秀の定理 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする