夏の災厄 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.66
  • (4)
  • (13)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 96
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (597ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/7

  • 最後の7行で戦慄。台東区在住

  • 一度は制圧したはずの日本脳炎がなぜか近年になって復活し、法と制度の狭間で奮闘する保健センター職員面々のホラーサスペンス・ヒューマンドラマ。
    2009年に新型インフルエンザが流行し大騒動になったが、それを予見するかのように執筆されていたのが驚きだ。
    はるか昔に制圧したはずの病気が今になって流行した場合、「業務経験のある者がいない」という不安。非常に共感する。
    保健センターの若手職員・小西はどこにでもいる小役人という感じで別に仕事に燃えているわけでもないのだが、パンデミックを迎える時には使命感を持って業務にあたっていた。
    ワクチン認可までは大変な道のりだ。役所が法や前例に縛られて、突発の事態になった時に身動きが取れない組織だというのは非常によく分かる。そして、このような予測できない非常事態になった時に、真っ先に住民を守らなければならない組織であるというのも。

    激務の中ひそかに予防接種事務を進める永井係長、マスコミを利用してワクチン認可の打開策を見出す鵜川医師、肝っ玉のある堂元看護師、クールな東城保健師、どこにでもいそうな登場人物にリアリティがある。

    人体実験が行われたインドネシアのブンギ島の描写もとても読みやすかった。話がしっかりしているので文章を読んでいるだけでイメージがしやすかった。ウイルスを媒介するオカモノアラガイとコジュケイの描写がとても不気味だった。
    後半の部分は、続きが気になって寝るのも忘れ一気に読み進めてしまった。ラストシーンはホラー小説にありがちな感じではあったけれど、その終わり方で良かったと思う。
    中身の濃い、とてもいい本に出会ったと思う。篠田さんの他の本も読んでみたいと思っている。

  • 風邪を引いている時に読んで不安でしょうがなくなった。急いで娘の予防接種予約した。

  • 埼玉郊外で新種の日本脳炎から起きたパンデミック小説。

    パニックものというより原因究明の方が比重が高い。
    解明しようと奮闘する医師が、アメリカの生物兵器の持ち出しという推測がでてきたときにはかなり冷めたが、そこで着地しなくてよかった。
    長かったけれど楽しんで読めた。

  • いわゆるドラマティックな大仕掛けがあるわけでなく、
    わりと静かに淡々とハザードが進行していく。
    これが妙にリアルで怖い。
    ほんとに蚊に刺されると一瞬ドキッと
    したりしなかったり。

    なんか盛り上がんないな~
    と思ってた前半が嘘のよう。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1955年、東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン‐神の座‐』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞を受賞。ほかの著書に『夏の災厄』『美神解体』『静かな黄昏の国』『純愛小説』『長女たち』『冬の光』『竜と流木』など多数。

夏の災厄 (角川文庫)のその他の作品

夏の災厄 (角川文庫) Kindle版 夏の災厄 (角川文庫) 篠田節子
夏の災厄 単行本 夏の災厄 篠田節子
夏の災厄 (文春文庫) 文庫 夏の災厄 (文春文庫) 篠田節子

篠田節子の作品

ツイートする