THE NEXT GENERATION パトレイバー 赤いカーシャ

著者 :
制作 : 押井 守 
  • KADOKAWA/角川書店
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028391

作品紹介・あらすじ

ロシアの要人の警護を命じられた特車二課のカーシャは、かつての師と因縁の再会を果たすが……。一方、明は高校の同窓会の通知に、戸惑いを覚えていた。特車二課のヒロイン二人をフューチャーした長編書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中編2編。劇場版のノベライズらしいのですけど、「首都決戦」しか観てません。「赤いカーシャ」はどことなく「機龍警察」を彷彿とさせるストーリーで◎。「THE LONG GOODBYE」も単なる青春物語で終わっていないところが◎。それにしても「泉 野明」と「泉野 明」ってまぎらわしすぎやしませんか?

  • 劇場版最新作(2015年公開)の、
    先行OVA(実写版)の第8・10話および第11話をベースとした、
    中編2作品のノベライズです。

    劇場版最新作の予習として…。

    本作品では、劇中のヒロイン的キャラクターとなる、
    泉野明とカーシャの2人について、
    特車二課での怠惰な日常と、そぅ遠くなぃ過去の淡ぃ想い出、
    その交錯と惜別が描かれた青春グラフィティとも言えるかな?

    他の作品に輪を掛けて、レイバーが登場しませんけどね…(笑)

    最新作では、
    前作(原作)から12年後、といぅ時間設定とも相まって、
    キャラクターも一新されてはおりますが…、その一方で、
    原作キャラを彷彿とさせるネーミングに設定がなされており、
    似ている部分に違ぅ部分、各キャラがクリアーになりました。

    ただ…、個人のエピソードなんで、それ以上はなかったです。

    でも…、劇場版最新作の予習なんで…、これで十分ですかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

押井守1951年東京都生まれ。アニメーション・実写映画監督。「うる星やつら」「機動警察パトレイバー」「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」など数々の劇場作品を手がける。2004年に「イノセンス」が、カンヌ国際映画祭コンペティション部門にノミネート、2008年には「スカイ・クロラThe Sky Crawlers」がヴェネチア国際映画祭コンペティション部門にノミネートされた。 山邑圭 アニメーション脚本家、小説家。

「2015年 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

THE NEXT GENERATION パトレイバー 赤いカーシャのその他の作品

山邑圭の作品

ツイートする