ディック・ブルーナ 夢を描き続ける力

  • KADOKAWA (2015年10月23日発売)
4.13
  • (8)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028407

作品紹介・あらすじ

ミッフィーの作者、ディック・ブルーナさんが語った、仕事や人生についてのインタビュー集。ミッフィーへの愛、絵本作りのこだわり、グラフィックデザイナーから絵本作家になるまでの思いから、夢を追い続けることの大切さを学べます。かわいいだけではないミッフィーの魅力がとことん楽しめる本です。悩みを抱える女性たちに勇気と元気をプレゼントできる本です。

ディック・ブルーナ 夢を描き続ける力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昨今流行の名言集の体裁だが、見開きに美しいブルーナの絵とセットで示されると納得できてしまうものだった。
    ここに創造の神秘はない。コツコツやるということだ。

  • ブルーナさんの名言集的な内容。クリエイティブ系の仕事をしている人にはグサッときたり、励まされたりする言葉ばかり散りばめられている。自分が納得いくまで追求する。努力し学び続ける姿勢に脱帽。亡くなってしまったのは本当に残念。

  • 【図書館】やっぱりブルーナの絵は、かわいいです!読んでいて、子どもの頃に戻った感じになりました。この本、欲しいかも。

  • 一つ一つの言葉にぐっときます。
    絵も可愛いです。
    最近のよりはちょっと前のが多めかなー。

  • あたたかな語りと、あたたかな色味。
    ディック・ブルーナさんのことがますます好きになる一冊でした。

  •  うさこちゃん(ミッフィー)は、子供に読み聞かせていましたが、あらためてその作者であるディック・ブルーナの哲学、思想に触れられる本です。
     シンブルな曲線、そしてシンプルなブルーナカラーで表現されるからこそ、ミッフィーは奥深いというのがよくわかりました。ちなみに、ブルーナカラーとは主にブルーナレッド、ブルーナイエロー、ブルーナグリーン、ブルーナブルーから構成されています。後に、スナッフィー(こいぬくん)を描く際に茶色(ブルーナブラウン)が仲間に加わり、その後象を描くために灰色も加えられましたが、それは慎重に慎重を重ねて結果です。
     シンプルな曲線でありながら、実際にミッフィーを真似して描こうとすると、同じように描けません。実は、同じように曲線で構成されるドラえもんも、実は同じように描くのは、とてもむずかしいと思います。
     シンプルさを追求するための努力は、絶え間ないものです。100通りのミッフィーを描き、その中から1通りのミッフィーが採用されます。そうしたシンプルさと本質を追求するという姿勢は、ブルーナの人生に対する取り組みが反映されてのものです。

  • ミッフィー以外の作品も見てみたくなった。

全9件中 1 - 9件を表示

ディック・ブルーナの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大西 進
ヨシタケ シンス...
エラ・フランシス...
宮下 奈都
トーン テレヘン
夏目漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

ディック・ブルーナ 夢を描き続ける力はこんな本です

ツイートする