情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)

著者 : 成毛眞
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年5月7日発売)
3.32
  • (6)
  • (45)
  • (48)
  • (10)
  • (5)
  • 本棚登録 :387
  • レビュー :46
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028445

作品紹介・あらすじ

人生も仕事も、どう“情報を捨てるか”で質が決まる。「良い情報はどこ?」などと考える前に、疑え、見極めろ、距離を置け。人、街、テレビ、ネット、スマホ……知的生産をするための、「情報活用」以前の教科書。

情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たいていのノウハウ本は、まぁそうだよね、という事項が多いが、この本は自分では気づかないポイントが多かった。
    情報の捨て方、というよりは、情報との付き合い方、というタイトルの方が相応しい気がする。

    特に、情報は独立した点ではなく、流れや構成の中でとらえる、というポイントはなるほどと思った。
    木だけでなく森も、今だけでなく過去未来も含めて、情報を俯瞰的にとらえることが重要。

  • 成毛眞『情報の「捨て方」』(角川新書、2015)を読む。

    ご存知Honz成毛代表が情報哲学を語ったもの。著名人なので大きく取り上げられていますが、情報の摂取と排出などの感覚はホワイトカラー職なら経験的に持っているところでしょう。

    偏屈司書さんやマイナー分野の学者さんに感想をうかがいたいところです。

    代表はかつて『本は10冊同時に読め』で「本を読まない人間はサルである」とその慧眼を示されましたが、ここでもラディカルにえぐってくる成毛節は健在。痛快無比であります。


    【本文より】
    ◯こう想像してほしい。米連邦準備理事会のジャネット・イエレン議長や、一躍有名になった経済学者のトマ・ピケティ、白熱教室のマイケル・サンデルが漫画を読むだろうかと。おそらく彼・彼女らは、漫画を読む時間があれば、ほかのことをしているだろう。万一、漫画を読んでいたとしても、ほかのことに使う時間を犠牲にして漫画を読んでいるという自覚は持っているに違いない。

    ◯私に不要な情報とは、私から遠いところにある情報(また、私に関係なさそうな情報)のことではありません。私に害を与える情報のことです。


    ◯ムダな情報を発する人や、実りある情報活用など考えたこともない人と関わる時間をなくすことこそが大事なのです。

    ◯不要なものは情報であれ、人であれ、切り捨てていく勇気を持たなくては、楽しい人生は送れないのです。

    ◯教養とは実は、捨てたつもりで捨てていない情報のことだ、と私は考えています。

  • 無駄な情報(人)、バカな情報(人)は切り捨てる!!

  • 口伝のみの情報がインテリジェンス
    アウトプットがなされ公知で、かつ時間によって価値が変わる情報はインフォメーション
    価値が変わらないのはデータ
    インフォメーションを知らないのが非常識
    インテリジェンスを知らないのが大衆
    インテリジェンスを知るのが情報通
    さらに、情報のアップデートがなされないと、忘れられたマルマルになる。

    彼らの言う常識の違和感は、インフォメーションを知らないのに常識を語るからだなと。

    頭の記憶力は変わらない、悪質な情報は触れるだけで頭を逼迫させ、感度も下げる。良質な情報を選んで摂取する必要がある。

    悪質な情報とは、嘘やオカルトのほか、アウトプットしたいとは思わないような情報のこと。

    笑いが起きるタイミング、難しい事を簡単に言ったとき、またはその逆。

    インテリジェンスを得る機会はなかなか困難。そうした人と出会える、面白い人間になるために、教養を求めるべき。専門と離れているとよい。

    食事と同様、情報のインアウトにも楽しみがある。

    情報の摂取は欲張りすぎない。8巻の本は読めるが30巻の本は読めない。

  • 氾濫する情報を選んでみるようにはしていたけど、アウトプットしないといけないなぁと気づきました。

  • インテリジェンスは文字なった時点でインテリジェンスでは無くなる、他の選択肢がある、自分のS/N比を上げる、自分で「出さない」情報は最初から「入れない」、“チェック、ダブルチェック”、時間軸と対立軸、やったことのない人は思い出すことができない、ネタ帳.docx、誰かに情報を発信することは自分の中で情報を整理することに等しい…【見つめる鍋は煮えない】を思い出した。

  • 情報社会の中では、溢れる情報の中からいかに有益な情報をつかみ取っていくかが非常に重要となっている。
    本書では、著者の情報源が紹介されているので、それを活用するのがてっとり早く質の良い情報にありつける手段ではないか。他にも、文字としての情報以外の情報を収集する術についても紹介されてある。情報整理術については、「非整理術」というものが書かれてあるが、これはかなり人を選びそうである。

  • いかに、取り入れた情報を捨てるかが大事という。そして、捨てきれなかったものが、教養になる。

  • 日本橋の立ち食いそば屋そばよし。出汁がいい。

    NHKニュース、47NEWS、スマートニュース。

    BS1の国際報道2015

    X BAND MP RADAR

    captio

    navitime

    発信することを前提に読む=書評を書くことを前提に読むと頭に入る。アウトプットは楽しい。

  • S/N比 シグナルノイズ比
    情報の絶対量は増えているが良い情報といらない情報の比率は変わらない

    うわ、こっちでも京大式カード出てきた!

    ★1で見当違いのレビューしてる人いるね!笑
    ★3は悪くはないって感じよね。良いか悪いかと言われたら良いみたいな。

    パワポは挿絵

    あがく時間は捨てるべき情報と同じくらいムダ

    人間を救うのは想像力
    その先の未来、または
    雲の上の存在ならどうするか考える

    目の前の情報を点ではなく流れや構成の要素であると心得る

    私はfbではなくTwitterを自分メモにしてるなぁ。
    自分のツイート見て色々思い出してる!w

    ファンジン ファンとマガジン、作家と読者が一緒に作る雑誌

    アービトラージ せどり 安く仕入れて高く売るビジネスの基本

    体育会系の人は親以外の大人と接することに慣れており、負けるときもあれば勝つこともあることを知っている。試合で勝って有頂天にならないし、この試合は負けておいて良かったという考え方すらできる。

    ひとりブレインストーミング
    ググるためのキーワードをたくさん持つ。
    過去の関心事を見る。

    難しいことを面白く、面白いことを難しく言った時に笑いが起こる。「緊張と緩和」

    得た情報が自分の持つ教養の何に似ているのか。
    何と相性が良く、何と組み合わせたら面白いのか。

    リアルオプション(金融工学)
    柔軟性や選択肢。多い方が価値が高い。

全46件中 1 - 10件を表示

情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)のその他の作品

成毛眞の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)はこんな本です

情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする