長門有希ちゃんの消失 とある一日 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : ぷよ  谷川 流 
  • KADOKAWA/角川書店
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028964

作品紹介・あらすじ

ちょっと内気なフツーの女の子・長門有希の、北高文芸部での穏やかな日常。「ヤングエース」誌にてコミック好評連載中、2015年春にTVアニメ放送開始予定の「長門有希ちゃんの消失」を、新木伸が四コマ小説化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同名の漫画を GJ 部の作家が GJ 部の形式でノヴェライズした本。
    まぁ、緩い部活ものとしては同じような方向性の作品だし、ごく自然に読めましたね。
    イラストが、GJ 部と違うのに違和感を受ける位。(^^;
    もちろん、こっちの方がラブコメ度がストレートに出ていますけどね。
    しかし、ハルヒもこういうのばっかり出て、本編が出ないシリーズになっちゃったかと思うと、ちょっと残念な気が。

  • 当たり前だけど、ハルヒ読んでいなかったら、なんのことやら…

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

『ヴァルツァーの紋章』(電撃文庫)で作家デビュー。『星くず英雄伝』『英雄教室』など代表作多数。2010年より開始したシリーズ『GJ部』は、「四コマ小説」というギミックを用いて幅広い読者層に支持され、コミカライズ、TVアニメ化もされた。小説家になろうでも精力的に執筆を続けており、書籍化作品多数。

「2018年 『KB部』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長門有希ちゃんの消失 とある一日 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

新木伸の作品

長門有希ちゃんの消失 とある一日 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする