風神×雷神 (角川ルビー文庫)

著者 : 真崎ひかる
制作 : みずかね りょう 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年4月28日発売)
3.21
  • (1)
  • (1)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041029008

作品紹介

雷神を守護する家に生まれた颯太は、帯電体質が強すぎるため、アースの役割ができる風神一族の男性と契らないと死ぬと言われる。しかし恋愛下手の五十嵐とは、接触するのも難しく…。

風神×雷神 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もうすぐシリーズらしき本が出るので積本崩し。風神家系でアースの役割になってくれる・鷹人×雷神家系で人間離れした帯電体質になってしまった・颯太。なかなか楽しい設定だったけど、ちょっと物足りなさがある。嫌なヤツも出てこないしストレスなく読めて、堅物な鷹人も素直な颯太も好感がもてるんですが、盛り上がるものがなかった。鷹人の弟・剣吾がいい当て馬候補だったのに登場が遅すぎたなぁ…

  • 年上攻 俺様攻

  • あらすじ
    雷神を使役する家系の末裔・颯太は、ある日能力が先祖返りし、人間離れした帯電体質になってしまう。命の危険を感じた颯太は、接触することで自分の力を抑えられるという風神家系の五十嵐に助けを求めに行くが、初対面の彼は無愛想で取りつく島もない。仕方なく五十嵐の経営するカフェのバイトになり、こっそり彼との接触を図る颯太だったが、そのことが本人にばれた挙げ句「もっと深い接触が必要なんじゃないのか?」とキスされて…!?堅物風神×純情雷神のビリビリラブ!

    ルビー文庫らしい軽いお話で、楽しんだ。
    年の差が結構あったけど、恋愛の進行には無関係だった。折角の年の差。五十嵐の恋愛感をもっと大人にしてくれてたら、萌度が上がったかも。

  • 堅物風神・五十嵐×純情雷神・颯太。
    五十嵐がすっごい鈍かったのがツボでした。弟に諭されるっていう彼にとってはまさに不覚な状態。
    颯太もとっても素直で可愛かったです。
    身長差があってすっぽり抱き込まれてるのやっぱりいいわぁ。

  • ★3.4
    タイトルとあらすじから、風神と雷神が出てくるファンタジーな感じかと思ったら、すごい現代というか普通の日常だった。全然面白かったけど、せっかく設定が変わってるんだから、それをもっと活かしたら良かったのに。二人が結ばれたことで、颯太の先祖帰りの能力なくなるのかと思ったけどそんな都合良くもなく(笑)、これからもビリビリするなんて大変だなー(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

風神×雷神 (角川ルビー文庫)のその他の作品

風神×雷神 (角川ルビー文庫) Kindle版 風神×雷神 (角川ルビー文庫) 真崎ひかる

真崎ひかるの作品

ツイートする