一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)

著者 :
  • 角川書店
3.53
  • (9)
  • (14)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (121ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041029053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • せんせ、やさしーのねー

  • 読む度に心があったかくなるおはなし

  • 童話のくせに差別用語乱発で時代を感じることまちがいなし・・・

  • 有島武郎の童話集。こどもの気持ちになって読める。こどもらしい純粋なこころ、いじわるなこころ。
    目の高さも低く設定されている。見上げる、とかこどものしぐさがいちいち新鮮で驚く。

  • あまり印象に残ってないです。
    ごめんなさい。
    札幌に記念館みたいのがあります。

  • 図書館で借りたもの。
    薄い本だし、基本童話なので読みやすいのは読みやすい。でも書かれている内容は随分とシビアな印象。出来心だったり保身だったり、誰しもあるような誉められたものじゃない感情や行動。こどもを主人公にしているのがなんだか生々しいです。文章というか出来事のつながりがぶつ切りに感じて非常にすわりが悪かったのですが、もしかしたら子供の意識そのままに書いたらこんな感じになるのかも、とのちに気づきました。気にはなる、読み返すとまた印象変わるのかもしれないです。

  • 有島氏は「生まれいづる悩み」の方が好きだった。

  • 童話。全8話。

    有島武郎が遺した童話が全て収められてます。

    好きなんだよね〜童話。童話に込められた寓意って素晴らしいですよね。人間の根幹を形成するのに絶対一役買ってると思う。子供がいれば絶対読み聞かせたいもんです。

    私も子供の頃は毎晩母が読んでくれましたね〜童話。今思えばそこで、今の私の倫理、道徳観が形成されたように思います(もちろんそれだけではないですけど)。

全20件中 11 - 20件を表示

一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)のその他の作品

一房の葡萄 (角川文庫) Kindle版 一房の葡萄 (角川文庫) 有島武郎

有島武郎の作品

ツイートする