文豪ストレイドッグス (7) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : 朝霧 カフカ 
  • KADOKAWA/角川書店
3.79
  • (27)
  • (30)
  • (36)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 519
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041029152

作品紹介・あらすじ

Qの精神汚染攻撃により自信を喪失した敦の前に、突如現れたフィッツジェラルド。鏡花の助けを借りて逃げ出す敦だったが、ギルドに追い詰められ、捕縛されてしまう。そして発動するギルドの最終作戦…横浜、壊滅!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頭は間違っても、血は間違わない。このフレーズとても好き。何度読んでもこの話は泣けるし感動する。

  • 太宰かっこよすぎる(;_;)あと半分。

  • 今度は僕がみんなを守るんだ!!と決意を新たにする敦。
    しかしそんな敦の前に現れたのはマフィアのQ。
    Qは精神攻撃で春野とナオミを使い敦を襲う!!
    太宰に助けられるものの敦は自信喪失…。
    太宰はこの三つ巴の戦いに政府機関を巻き込むため
    政府のエージェント・坂口安吾に会うが
    政府はすでにギルドの圧力の前に屈していた。
    フィッツジェラルドに捕まってしまった敦…
    フィッツジェラルドは
    部下が捕まえたQを使って横浜壊滅作戦を決行する……が!!

    Qちゃんって誰だ?って思ってたら夢野久作!!\(◎o◎)/
    精神攻撃に納得。

  • Qの精神汚染攻撃により自信を喪失した敦の前に、突如現れたフィッツジェラルド。鏡花の助けを借りて逃げ出す敦だったが、ギルドに追い詰められ、捕縛されてしまう。そして発動するギルドの最終作戦…横浜、壊滅!?(Amazon紹介より)

  • 「痛み」と闘う敦と鏡花。
    過去の痛みと格闘しながら一歩一歩乗り越えていくこの二人に力を貰えます。
    太宰はぼーっとしてるようで、ナイスタイミングなお仕事もこなしてます。
    初登場、坂口安吾はどうなったのかも気になります。
    ポートマフィアと手を組むという敦の提案は、芥川先輩大好きの私からしたら夢の共演です。
    うまくいくか続きを読みます。

  • 太宰さんが一番仕事をしてる。
    そして、アニメで孤児院の回想が度々出てくるので余計に深いなあと思わざるを得ない。

    個人的には鏡花ちゃんには幸せになってもらいたい。

  • 手を組む

  • …だんだん感想が雑になってるのは気のせいです。

    今までたくさん登場人物が現れては消え、現れては消え、もったいないなぁなんて思っていたんですが、案外忘れた頃にまた出てくる。そうそうその感じの使用方法でお願いします。もったいないおばけがでるよ。
    本当に忘れちゃってる頃に出てくるので、何冊か前から読み返す感じになるんですけども。

    異能が万能なようで万能じゃないんだけども、万能にしようと思えばなるわけで(何)、いきなり横浜全体を巻き込むとが壮大な話に。しかしようやくラストで三つ巴から一部結託の様相で、次巻はいろいろ動くかなと。

    そうこうしているうちにアニメ化おめでとうございます。そして最近文学館コラボが定番化してきていて、ちょっと文学館に行きづらくなっています(苦笑)。

  • ラブクラフト御大に狂気戦で挑むとか凄い。そして酷い。
    まぁ夢野久作は狂人が描いている狂人みたいな感じだったから、狂気そのものには勝てないんだろうか。
    もちょっとこの2人の対決見たかったなぁ。

  • 夢野久作の能力「ドグラ・マグラ」がとても恐ろしい

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

「文豪ストレイドッグス」の作画担当としてマンガ家デビュー。イラストレーターとしても活動。

文豪ストレイドッグス (7) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

春河35の作品

文豪ストレイドッグス (7) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする