彷徨う警官 (角川文庫)

著者 : 森詠
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年4月25日発売)
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041029312

作品紹介

殺しに時効があってたまるか!恋人が殺された未解決事件解決のため突っ走る一匹狼の刑事・北郷。しかし彼の前に不可解な圧力がかかる。そして明らかになる警察の不祥事…。実力派作家の本格派警察小説!

彷徨う警官 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後の方の緊迫感はものすごかった。高校時代に付き合っていた彼女が殺された事件、警察官になって時効になった今も事件を追う北郷。単純な話だが、事件は複雑に絡み合っていたのだ。

  • 本当に久しぶりに著者の作品を読んだ。海洋冒険小説をいくつか読んだことがあったが、それ以来である。
    普通の刑事小説。それ以上でも以下でもない。

全2件中 1 - 2件を表示

森詠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

彷徨う警官 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする