赤と黒の針騎士 預言に挑む恋の名は (角川ビーンズ文庫)

著者 : 永瀬さらさ
制作 : 凪 かすみ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年10月31日発売)
3.60
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041029541

作品紹介

武の“赤”、知の“黒”。“針騎士”ソールとオルスを従える王女ジゼラに新たな預言の試練が! 他国を招く舞踏会で「王女が求婚を受け、国を揺がす一大事が起きる」というが、ジゼラは密かにオルスを想っていて!?

赤と黒の針騎士 預言に挑む恋の名は (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 続き、というか2冊の完結編。
    急いで読み進めちゃったせいか、若干ストーリーも急ぎ足だった気がしてしまった。
    3冊くらいでゆっくり進めて、予言をわかりやすく解釈しながら…の方がよかったかなぁ。
    ヒーローとのやり取りが素敵なので、もうちょっとそこを眺めていたい気分はあったかも。
    ストーリーの7割くらいしか把握せずにザクザク読み進む派の私には、若干難解だったのかもしれない。じっくり読めばよかったかなぁ、と少しもったいない気分。

  • 2巻なのにまだキャラの区別つかなくて読みづらかったり、もうちょっとじっくり読ませてほしい部分も多々あったけど面白かった。大団円な雰囲気なのでこれで終わりなんだろうか? オルスのデレをもっとみたいのですが。

  • キャラクターの個性は豊かなのですが、それを預言というテーマにうまく結びつけられていないように感じました。

全3件中 1 - 3件を表示

赤と黒の針騎士 預言に挑む恋の名は (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

永瀬さらさの作品

赤と黒の針騎士 預言に挑む恋の名は (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする