人間らしさ 文明、宗教、科学から考える (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.56
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041029732

作品紹介・あらすじ

社会の過剰な合理化や「AI」「ビッグデータ」の登場により、ますます人間が「交換可能なモノ」として扱われている現在。どうすればヒトはかけがえのなさを取り戻すことができるのか? 文化人類学者が答えを探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人間はデータだけではない、交換のできないものだという主張と、スリランカでのフィールドワークによる悪魔祓い儀式の社会での位置付けと意味など興味深かったが、どうやら有名な人?らしく、後半の人脈エピソードやそれを基にした活動のPR等は前半の印象を崩している。ちょっと残念。

  • 日本の社会の人と人とのつながりについて考えさせらえる内容でした。

    スリランカの悪魔祓いの話は特に面白かった。

  •  この本は東工大と慶應大学の合同ゼミで2年連続して慶應の女子学生から「東工大生は人間味がない」「こんなに人間に興味がない人たちとは驚いた」と指摘されたというイタい話から始まっている。東工大生は他の人たちからどのように見られがちなのか。ぜひその部分だけでも読んでほしい。しかしいったい「人間らしさ」とは何だろうか。この本では生殖医学などの先端科学、現代社会のシステム化、そして宗教にも触れながら論じられていくが、それを読みながら私たちは人間なのに「人間らしさ」について真正面から考えてこなかったことに気づかされるだろう。そして最後には皆さんがこれから体験していく東工大の新しいリベラルアーツ教育のねらいと展望にも触れられている。
    (選定年度:2016~)

  • 久々にためになったと思った本!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。文化人類学者。東京工業大学教授リベラルアーツ研究教育院長。東京大学大学院博士課程修了(医学博士)。東工大学内においては、学生による授業評価が全学1200人の教員中1位となり、2004年に「東工大教育賞・最優秀賞」(ベスト・ティーチャー・アワード)を学長より授与された。

「2021年 『とがったリーダーを育てる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上田紀行の作品

人間らしさ 文明、宗教、科学から考える (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×