ものづくり2.0 メイカーズムーブメントの日本的展開

  • KADOKAWA/角川書店
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041029923

作品紹介・あらすじ

宇野常寛が編集長をつとめるメルマガ「ほぼ惑」書籍化第2弾。3Dプリンタ、デザインマネジメント、レゴブロック、トランスフォーマーなどから、再生に向けた、日本的ものづくりの未来への「設計図」を考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  fab lifeから始まり、アキバのものづくりセンター?のニュースやCMを見て、本書に来た。LEGOの話はじめ、共感できるネタの多さに得した気分になる。最初から最後まで全部やりたい、というのはマニアならずともの希望では?しかし実現には多くの壁が・・。それを壊しつつ、自他ともに満足が行くようにできる、という思想が良い。
     マイクロものづくり等多くの活動が全国で展開されており、雑誌MAKEでもマニアックな記事が展開されている。もっともっと活発になることを望む。

  • 20160114読了

  • ワクワクする話ばっかりだし、面白い人や新しいモノ作りの環境や世界は進みだしてる。こういう本を読んで興味を持つ人がその世界をさらに立体化していったり引き継いでいくんだろうな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

批評家。雑誌『PLANETS』主宰。著書に『ゼロ年 代の想像力』(ハヤカワ文庫)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本 文化の論点』(ちくま新書)ほか。

「2014年 『静かなる革命へのブループリント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ものづくり2.0 メイカーズムーブメントの日本的展開のその他の作品

宇野常寛の作品

ものづくり2.0 メイカーズムーブメントの日本的展開を本棚に登録しているひと

ツイートする