花酔いロジック 坂月蝶子の謎と酔理 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.54
  • (5)
  • (29)
  • (17)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 195
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041030097

作品紹介・あらすじ

大学に入学した蝶子は、勘違いから<スイ研>――酔理研究会に入ることに。酒に酔えない蝶子だが、先輩・神酒島が読み解く謎の理(ことわり)は蝶子に心地よい酔いをもたらし……。モラトリアム系青春恋愛ミステリ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ミステリというよりはモラトリアム大学生青春譚。にしても戸谷大がまんま○大でちょっちええなあ,と明大出身の自分は思いました(笑)

  • 日常の謎に青春と恋愛を絡めた作品。謎はどれも小振りではあるものの登場人物たちの心情が「ああ、こういう謎を生み出しそう」と思わせた。二人の続きが気になるので続きも読みたい。

  • 戸山大学酔理研究会の話。面白いんだか、面白くないんだか、微妙なストーリー。神酒島先輩はつかみどころのない人だな。蝶子とこれからどうなるのかな。

  • 人の心が織りなす謎が解き明かされる。謎の最たるものが恋か。
    蝶子にとって、ミステリは善し悪しを他者と語らう代物ではなく、好きなものの種類くらい自分で分かっており、他のものを人から押し付けられたくないという言葉にいたく共感…。

  • 元有名子役の蝶子が大学で入ったサークルはスイケン部。推理研究部かと思えば、毎日お酒を飲む酔理研究部。
    先輩部員の神酒島先輩に日常の謎を解いてもらいながら、すこしずつ変わっていきます。

    色々惜しい作品ですね。蝶子が元子役でお酒に酔わない特異体質だったりとかの設定は面白いのに、あんまり作品としては面白くなかった。この人の作品を何回か読んでいますか、いつもなら次はどうなるんだろう?って感じで読み続けたくなるのに。まぁ、どの作家もヒットばかりじゃないってことかな。

  • とりあえずトラブル体質というかそういう主人公のドタバタ劇。登場人物は基本大学生なので、非常に親近感がわく。推理にかけてあるから、日常の謎系なのかと思ったらそうではなかった。とはいえ、これはこれでおもしろく読み切れたので、よかった。

  • 何かいい。
    自分がら大学生だったら、遠くから眺めてるだろうけど。
    ささいな謎があって、ほんわかと解き明かされる話。
    まだまだ蝶子の飲んべぇな大学生活は続きそうである。
    それにしてもこの作者、黒猫と同じ人の作品とは、初見ではわからないかも。

  •  日常の謎というか勘違い?という程度の(失礼!)ミステリー度合いでしたが、メインはモラトリアム期間を精一杯楽しもうとする大学生活。主人公・蝶子の恋と悩みがなんとも若いな~って感じで気楽に楽しめました。
     

  • 好きだなぁ、森晶麿。

    テンポの良さと心地よさ。なのに『ついてこい!』っていう強引な引っ張りがなくて、きちんと考えさせられる。考えることは、推理じゃない。あくまで人間心理みたいなところ。

    黒猫シリーズもおもしろかったし好きだけど、柔らかな、比べるとちょっとあほな空気が、好きです。

  • 電子書籍にて

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。ライターとして漫画脚本などを手掛けながら小説の執筆活動を続け、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞(早川書房刊)。同作は続刊も刊行され、「黒猫シリーズ」として人気を博している。ほか、『名無しの蝶は、まだ酔わない』(角川書店)の「花酔いロジックシリーズ」、『ホテル・モーリス』(講談社)、『偽恋愛小説家』(朝日新聞出版)、『かぜまち美術館の謎便り』(新潮社)などがある。

「2020年 『歌舞伎町シャーロック 囚人モリアーティ 解放のXデー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森晶麿の作品

花酔いロジック 坂月蝶子の謎と酔理 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする