ノンフィクション作家だってお化けは怖い (幽BOOKS)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.29
  • (1)
  • (10)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041030271

作品紹介・あらすじ

ノンフィクション作家である著者には、日常的に霊や不思議なものが視えてしまう。雑踏を匍匐前進する青年兵、生首の髪を切る美容室、深夜に階段を上がる衣擦れの音…じんわり怖くて、味わい深い怪談実話エッセイ第2

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  日常のエッセイなのだが、そこにはお化けや、目に見えない異常がある。
     前作では作者のことであったが、今回は作者の周りの人たちが見ている世界のことが書かれている。さすがノンフィクション作家。怖い。そして怖いけど、怖すぎることはなく日常の範疇にある。そのすっと読める感がすごい。

  • そんなに怖くなかったです。加門七海さんや伊藤三巳華さんの本などを読んで、私の中の「怪異」「怪談」のハードルが上がったのかも・・・。

  • 作者が遭遇した怪異について、飄々と淡々と語る13編。
    いたずらに怯えもせず、ことさらに煽りもせず、ようようとひけらかしもしない。
    たぶん、作者にとっては彼岸も此岸も、総じて世界の一部なんだなぁ、と感じました。頭ごなしに否定もしないし、どっぷりと信じすぎることもない。
    自分と周りの世界に対する距離感と接し方が素敵。

    「時計だって嫉妬する」が好きですかね。こういう経験はしたことないけど(愛用している服飾品がそもそもない)、かわいいあんちくしょうみたいで。

    ミドリさんの話は好きじゃない。

  • 死霊と生霊、はたしてどちらが怖いのだろうか…?生首の髪の毛を切っている美容院、ひそやかに階段を上がって来る衣ずれの音、通り抜けられないはずの袋小路に歩き去って行く人々―。不思議なモノが視えてしまうノンフィクション作家がつづる、ひんやり怖くて、じんわり温かい怪談実話エッセイ。小泉八雲をめぐる、作家・山田太一氏との対談と13話を収録。(アマゾン紹介文)

    上品な語り口で、仰々しい書き方もされていないので、ぞっとするような怖さはありません。
    ただ、なんというか、どこか女性の怖さ的なモノを感じました。

  • 既出の話があったり、ダラダラしてまとまりが悪かったり
    文章としてイマイチ。
    あと、多分自分撮影?の写真下手だし、別にいらないんじゃ…
    うちの母は小さい頃から死ぬまで力ありましたよと。

  • 一気読み。この世のものではないものに遭遇したら目を合わせないこと。怖いだけじゃないエッセイに引き込まれて読みました。普通の人の旦那さんが良いです。この人のおかげで癒されます。でも、けっこう話は怖いです。工藤美代子さん全然知らなかったけど他の本も読んでみたいかも。

  •  本当に怖いものは怖いと言って良い世の中であってほしい。だってそれを自分は見てしまうんでしょ。見て人にいう事により頭がおかしいと思われたら本二重のショックだから

     怖い体験というものはその人の生き方、人生の充実度に比例するものだと感じる。見えなければ良い、悪いの問題ではなく著者の様に自分の感性に置き換えられることの方が大切なものだという事。

  • スピリチュアルっぽいのかな?と思いつつ読んだけれど、霊感が強い筆者のエッセイでいた。
    この著者のエッセイではない本を読んだことがないのですが、物を書く人の日常も垣間見れて面白かったです。

  • 914.6

  • この世の者ではない者に会うのは、霊感が強いせいばかりではなく、言葉にすることで植物を枯れさせ、人を殺すことができるという陰陽師(夢枕獏の描く)的能力があるせいではないかと思った。
    著者の出会うあの世の者たちは、どこかに著者の深層心理が反映されているの、トイレに住む?それはトイレットペーパーを使ったり、日により衣擦れの音が違ったり(着物を着替えていたり)、仕事場の窓越しに見るそれは、作業着で梯子を登ったりと、生活観があって逆に怖い。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950年(昭和25年)生まれ。チェコスロヴァキア・カレル大学を経て73年からカナダに移住し、バンクーバーのコロンビア・カレッジ卒業。91年『工藤写真館の昭和』で講談社ノンフィクション賞を受賞。93年帰国。『ラフカディオ・ハーンの生涯』三部作をはじめ、『野の人會津八一』『香淳皇后――昭和天皇と歩んだ二十世紀』『海燃ゆ――山本五十六の生涯』『母宮貞明皇后とその時代――三笠宮両殿下が語る思い出』『悪名の棺――笹川良一伝』『絢爛たる醜聞――岸信介伝』のほか、熟年世代の性に鋭く切り込んだ『快楽――更年期からの性を生きる』『炎情――熟年離婚と性』『もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら』など著書多数。

「2018年 『凡人の怪談 不思議がひょんと現れて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

工藤美代子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする