アノニマス・コール

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.50
  • (21)
  • (76)
  • (103)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 415
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041030288

作品紹介・あらすじ

3年前に警察を辞め、家族も離れて暮らす真志に、娘を誘拐したと匿名電話がある。自力で誘拐犯を捕まえるため動き出すが、誘拐事件はやがて真志がすべてを失った原因となる過去の事件へとつながり!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元警察官・朝倉真志。
    3年前に退職し、同時に家族も捨てた。
    離婚以来、連絡を取っていたなった真志の携帯に、娘の梓かと思われる電話。
    梓が誘拐され、元妻・奈緒美に身代金要求の電話。

    警察を信じていない朝倉。
    朝倉を信じていない奈緒美。
    そんなふたりの願いは梓の無事。

    犯人は誰なのか?
    本当の狙いは…

    薬丸さんの本はやっぱり面白い。

  • 薬丸岳さん、デビュー10周年記念作品。
    あの「天使のナイフ」から、もう10年が経つんですね。

    とても期待して読んだのですが…
    うーん…
    すっきりしない読後感…。

    犯人の動機が、なんともやりきれない…。
    別の手段はなかったのか、とか、
    身代金受け渡しのやりとりにも、少し疲れました。

    薬丸さんは、こういうエンタメ系のものよりも、
    あの魂を揺さぶられるような作品の方が好みです。

    大切な何かを守るためには、間違っているとわかっていても、
    時に手を汚さざる負えないなんて。
    なんか苦しくなります。

    結果として、信念を貫いた真志が報われて、
    梓ちゃんの夢がかなえられることが唯一の救いかな。。。

  • 犯人から次々にかかってくる電話の指示に翻弄される、娘を誘拐された元刑事と離婚した妻の二人。
    原因は3年前の事件?
    犯人は誰か?
    裏で糸を引くのは警察なのか?
    警察は信用できず、誰が味方で誰が敵か、息詰まる攻防に目が離せない。

  • テンポが良くてぐいぐいと読まされますね。
    設定もかなり考えたのだろうなと感じます。途中の振り回される場面では一緒に振り回されてヤキモキします。

    惜しむらくは動機、というか犯人…「ええっ!?」それはちょっと苦しいと私は思ってしまった。こういう人生の過去がある人がこういう犯罪を考えるかなと思ってしまった。
    …まぁ小説なのですから無理というほどの設定ではないのでしょうけれども。
    途中の疾走感がいいと感じただけにそれぞれの幕引きの描写にモヤモヤしました。何か事件は解決したかもしれないけど何も解決されていないぞというような。
    家族としての名誉の挽回の人生を期待していいのかなと思いつつも、そこまで明るい未来でもなさそうな。

    次の作品も早々と出されたようで次も期待しています。

  • 3年前に離婚し、関係を絶っていた娘が、誘拐された。
    警察を信用していない主人公は、自力で解決しようとする。
    過去の事件と、犯人の目的など、気になる謎があり、テンポよく読む。
    警察に頼らず、即席チームで追いかけるというのも、面白い。
    目的に対し、誘拐という手段はやや行き過ぎ感。

    • bukukyoさん
      「アノニマス・コールの伝えたかったもの」と題して何とも凄い解説があります。
      数多くの本や著者についてもコラムを書かれていて、読み応えあり。...
      「アノニマス・コールの伝えたかったもの」と題して何とも凄い解説があります。
      数多くの本や著者についてもコラムを書かれていて、読み応えあり。
      恋愛や仕事、家族のことまで鋭く解説し、自分や家族を磨き、より良く生きるためのヒントが盛り沢山です。

      http://birthday-energy.co.jp/
      2015/09/28
  • 3年前に警察を辞め、家族と離れて暮らす真志に、娘を誘拐したと匿名電話がある。誘拐事件はやがて真志がすべてを失った原因となる過去の事件へとつながり…!?

    テンポがいいといえば聞こえがいいけど、薄っぺらいともいえる作品。身代金etcの受け渡しにあちこち奔走させられるシーンばかり多く、辟易とした。最近の薬丸岳の作品は、初期のころのようなパワーが明らかに失われているのが残念。
    (C)

    • g2altさん
      確かに、途中から義父が怪しいと思いました
      確かに、途中から義父が怪しいと思いました
      2015/09/10
  • 主人公の朝倉真志が警察を辞めるきっかけとなった三年前の事件が少しずつ明るみになってくる辺りは惹き込まれましたが、誘拐事件の展開はありきたり。黒幕の正体も予想通りでした。
    また、一番納得がいかないのはその動機で、主人公にとってあまりにも理不尽ですし、誘拐する必然性を感じられず不満が残りました。

  • 義父も元嫁も自分も元警察官だなんて窮屈そう。
    義父が妙に食い込んでくるところに怪しさを感じたが、やはり。不都合なことをもみ消そうとすると思わぬところにしわ寄せがくるということだなぁ。
    こうなるといったい誰を信じればいいのか?
    自分との関係性は考えず、こいつだ! と心から思える人を信じるしかない?

  • 展開がスピーディで一気読みでした。いつもの薬丸氏の様な重さはないけど、読み物として楽しみました。

  • *3年前に警察を辞め、家族も離れて暮らす真志に、娘を誘拐したと匿名電話がある。自力で誘拐犯を捕まえるため動き出すが、誘拐事件はやがて真志がすべてを失った原因となる過去の事件へとつながり―。予想を裏切る展開の連続と、胸を熱くする感涙の結末。作家生活10周年記念作品*

    テンポがよく、理不尽で絶望的な状況を打破していく様にぐいぐい引きつけられます。誰を信じればいいのかヤキモキしながら、あっと言う間に一気読み。 よく練られた作品だと思います。
    ただ、根底に子供や家族が絡む内容なだけに、始終重い感情が付き纏います。爽快感とは無縁なので、読後感はあまりよろしくありません。

全88件中 1 - 10件を表示

プロフィール

薬丸 岳(やくまる がく)
1969年生まれ、兵庫県明石市出身。1988年、駒澤大学高等学校を卒業。高野和明の『13階段』の影響で小説家を目指し、2005年『天使のナイフ』が生まれる。同作で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。日本推理作家協会現会員。
2016年『Aではない君と』で第37回吉川英治文学新人賞、2017年「黄昏」で第70回日本推理作家協会賞(短編部門)をそれぞれ受賞。

アノニマス・コールのその他の作品

薬丸岳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アノニマス・コールを本棚に登録しているひと

ツイートする