弁天ロックゆう。 (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.82
  • (7)
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041030769

作品紹介・あらすじ

極度の人見知り少女・いずみは、不忍池で出会った弁天様から「音を絵として捉える才能」を見出され、ある曲の完成のためにギターを託されるが…!? まだ見ぬ明日を切り拓く少女たちの青春グラフィティ、開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり渡会けいじの漫画はいいなぁ.前作もそうだったけど,音楽が好きなのかな? 話自体はありきたりではあるのですが,音の形を具象化するてのは新しいな.

  • 絵で見る音楽。

    ある意味、「漫画で音楽を描く」という手法をとるなら、こういう物語が一番いいのかな、と。

    「音(というより曲の持つイメージ)を絵としてとらえる」能力を持つ少女・いずみが主人公なのですが、当然、その能力を生かして音楽に手を出す・足を踏み入れる物語です。
    なので、作風としては曲を絵として描く事で、音楽の楽しさ・素晴らしさを表現するスタイルになっています。…つまり、絵の力・表現力が重要になってくるわけですが、その点この作品は上手く描けているな、と感じます。…「がいこつおばけの盆踊り」はともかくとしてもw
    「世界」と「炎」のイメージはそこまでの盛り上がり方も含め、実にしっくりくるものがありました。
    この辺、音楽が分かる人が見たら、どう思うのでしょうかね?(私は音楽さっぱりわからないw)

    また、人物描写も細に入り微に入り、なかなか面白くなってます。
    対人恐怖症のいずみに、過保護なノリコ。そして破天荒な神様・弁天。
    いずみの自立が軸になりますが、ノリコにもその成長と変化は影響していくようですし…そもそも弁天の無茶苦茶っぷりがなんともかんともw
    いずみの才能を見出す事・ギターを授けた事以外はほぼ他に丸投げってどうなんだw 面白いからいいけど!

    何気に露出高いのにエロさよりもかっこよさが強いデザインもいいですね>弁天

    そんなこんなで結構先が楽しみです。具体的にはいずみのギターソロがどんな「絵」になるのか、が。

    とりあえず、そんな簡単にギター弾けるようにならないぞ!というツッコミはなしの方向で(^_^;(フィクション、フィクション)

  • 池に落ちた話いる?
    あと曲を完成させるためっていう動機がいまいち弱いな?

全3件中 1 - 3件を表示

弁天ロックゆう。 (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

渡会けいじの作品

ツイートする