燐寸少女 (2) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.90
  • (6)
  • (14)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 171
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041030806

作品紹介・あらすじ

――様々の妄想を具現化する妄想マッチはいりませんか? ただし妄想用であって願望用ではありません――。謎の少女リンが誘う少し不思議な日常。大反響を呼んだココロざわつく寓話集の第2幕開演。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「竜宮城のヒエラルキー」のインパクトが凄かった。
    言いにくいことを言いたい子の話と、都市伝説の話も好き。
    特に都市伝説のほうは成仏してほしいけど、消えてほしくない、おばけ怖いという葛藤がなんだか人間らしくて良かった。

  • 絶好調じゃねーか。ギャグにフレてもガチにフレても面白い。一発ネタのマンガではあるが、上手く振れ幅出てきたなと思う。

    第8話の瞬殺なオチ最高でした。ある社会の中では、別の社会構造を妄想することすらできない、のかもしれない。本音と妄想の二律背反な関係性の最終2話もよかった。

  • 人が表に出さない欲望や願望を

    独特の世界観で描いている作品です。

    それにしても
    続編があるとは思わなかった。

  • "本当の願いは長期連載"がクライマックスではなかろうか。竜宮城の話笑った。人間変わる部分も変わらない部分もあるんだし、2人とも仲良くできる気がする。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

千葉県出身、東京在住。ふたご座。O型。2002年デビュー。代表作に「ホクサイと飯」「ヤオツクモ」「盛り合わせガール」など。

鈴木小波の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×