ノーブルウィッチーズ (3) 第506統合戦闘航空団 結成! (角川スニーカー文庫)

著者 : 南房秀久
制作 : 島田 フミカネ  島田フミカネ&Projekt World Witches 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年9月30日発売)
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041030950

作品紹介

ノーブルウィッチーズの正式お披露目イベントが数日後に迫り、国同士の様々な思惑に翻弄されるA、B両部隊の魔女たち。一方、キーラとともに忽然と姿を消したジェニファーを追って、那佳とカーラはガリア中を探索する……! 果たして那佳たちはお披露目イベントまでにジェニファーを取り戻せるのか!?ちょっぴり守銭奴な魔女の奮う名槍が、灰色のドーヴァー海峡を切り開く! 異色の部隊、結成間近の第3弾!

ノーブルウィッチーズ (3) 第506統合戦闘航空団 結成! (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よい意味でも悪い意味でも安定してきた感
    買ったのは通常版なのですがドラマCD聞けばもう少しキャラに愛着わくのかな?と。

  • 夫が購入したのを読み。

    ジェニファー救出のため、カーラと那佳がガリアを旅するおはなし。
    カーラの人となりがよく分かる巻だった。コーラ飲みたくなった。
    のうぶる君の中に入っててハレンチな行いをしたのは誰だろう…。

  • 前巻の引きからジェニファー救出へ。お披露目イベントとも並行のため、いつもどおりグリュンネ少佐の心労がマッハです。空戦はあるにはあるけど大規模なものでなく、対人間ということもあり少しお休み。最後は文字通りの大立ち回りで一件落着したけれど、キーラが裏方に回りそうで、元々貴族関連でひと悶着のある部隊の話だし、対ネウロイよりも対人間関係がメインになるんだろうか。元501のメンバーはなんだか懐かしく感じた。

全3件中 1 - 3件を表示

ノーブルウィッチーズ (3) 第506統合戦闘航空団 結成! (角川スニーカー文庫)のその他の作品

南房秀久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

ノーブルウィッチーズ (3) 第506統合戦闘航空団 結成! (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする