僕だけがいない街 (6) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.29
  • (145)
  • (138)
  • (41)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 1183
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041031346

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蜘蛛の糸 芥川龍之介 カンダタ 代償行為 ヒエラルキーの頂点 力尽きて浮いている他のハムスターの上を渡り歩いてい生き延びている一匹のハムスターがいた 刺激的な光景 シビれた スパイス 児童心理学 八代学 京成上野駅 空白の時間 15年も寝てたクセに…口が達者だね 骨髄移植 白血病 幼女趣味

  • 内容紹介

    八代の車に同乗した悟が見たもの…それはあの「眼」だった?車内で交わされる八代との会話。信じたい?信じられない?不安な気持ちに心がざわつく…。果たして、悟の運命は!?物語が大きく転換する第6巻!!

  • 1〜6巻借り読み。実写化するというので。6巻、犯人がわかってからの予想がつかない展開にびっくり。

著者プロフィール

北海道出身、千葉県在住。第40回「手塚賞」佳作。第41回「手塚賞」準入選。1995年「アフタヌーン四季賞 春のコンテスト」準入選。代表作は『カミヤドリ』(角川書店刊)、『鬼燈の島』、『魍魎のゆりかご』(スクエア・エニックス刊)など。

「2019年 『夢で見たあの子のために (4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕だけがいない街 (6) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

三部けいの作品

ツイートする