アヴェ・マリアのヴァイオリン (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.36
  • (8)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041031568

作品紹介・あらすじ

14歳のあすかのヴァイオリンに隠された数奇な運命。強制収容所の音楽隊員として生き抜いた少女・ハンナ。家族、仲間、音楽のすばらしさを高らかに歌い上げた感動の名作。第60回全国読書感想文コンクール課題図書

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (内容)
    14歳のあすかのヴァイオリンには数奇な物語が隠されていた...。強制収容所に入れられながらも囚人音楽隊員として生き抜いた少女・ハンナ。家族、仲間、そして音楽のすばらしさを高らかに歌い上げた感動の力作。


    (感想)
    100年に渡る3つの時代を繋げる主役が"アヴェマリアのヴァイオリン" は板東俘虜収容所で作られ、アウシュヴィッツ強制収容所の音楽隊にいたハンナが弾いていて、現在は徳島に住むあすかが弾いています。
    話はあすかを通じてハンナのこと、ホロコーストのことがリアルに描かれています。また、音楽がその時代にどのように関わっていたのかも、この小説の特徴だと思います。

    生きるために葛藤しながら弾いていた音楽隊と、板東俘虜収容所での楽園のような生活していた音楽隊との対照的な時代。ハンナが音楽を遠ざけてしまうのを見て、どんなに酷かったかが分かります。また、あすかが最後にアウシュヴィッツ強制収容所の跡地で弾くところも、ラストにふさわしい終わり方でした。

  • 中2の少女あすかが、ある一本のバイオリンに出会うことで運命が変わって行く。1200万円もするバイオリンの音色に惚れ込んでしまったあすか。それは、昔、ユダヤ人の少女ハンナのものだった。
    場面はユダヤ人虐殺が行われたドイツに切り替わり、ハンナとその家族たちの悲惨な運命に続いて行く。バイオリンの演奏の腕があったおかげで、ハンナはアウシュビッツで労働ブロックに送られることなく、楽団として生きることが許される。次々と死んで行く家族や仲間たちと、深く傷つくハンナの心の描写が悲しくて…。
    バイオリンを自分も弾くため、興味本位で読んでみただけだったが、音楽の重要性、それと、命について深く考えさせる時間となった。

  • あらすじ(背表紙より)
    14歳のあすかは楽器店で不思議な音色を奏でるヴァイオリンに出会う。それはアウシュヴィッツの強制収容所で音楽隊だったユダヤ人の少女・ハンナが持っていたものだった。どんなに過酷な状況下でも仲間を思いやり、音楽への情熱を忘れなかったハンナ。ハンナの思いは日本のあすかにも届き…。戦火をくぐり、数奇な運命に翻弄された一丁のヴァイオリンが生み出す感動の物語。第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

  • 映画「戦場のピアニスト」を見ていたので
    読んでいると、ユダヤ人迫害の様子が
    ありありと映像で目に浮かび
    あまりの残酷さに怖くてしかたがなかった。

    なんでこんなひどいことが起こり得たんだろうか。

    「勇者たちへの伝言 いつの日か来た道」の著者
    増山実さんが
    「フィクションだからこそ、
    ノンフィクションよりも事実を語れることもある」
    と、以前おっしゃっていたことを思い出した。

    小説を通して、知らなかった事実を知る。
    さらにネットで当時のことを調べると
    ひどすぎる人体実験のことも書かれていて
    気分が悪くなった。

    こんなにも悲惨な出来事を
    あまりにも知らな過ぎた。

    この本を読めて本当に良かったと思う。


    今も人が人を殺すという残酷なことが起こっている。

    平和な立場から、戦争がなくなることを願う。

    けど、きっと戦ってる人たちには戦う理由があるんだ。

    私も、すべてを奪われ、奪い合わなければ生き延びられない状態で
    ただ死を待つことなんてできないのかもしれない。


    優遇を受け、憎まれ、羨まれ
    仲間の死にゆく隣で、生き延びている音楽隊のような場所に
    私はいるのかもしれない。

    私たちが世界にある多くの豊かさを所有しているつけが
    戦争をしている人たちに回されてるんじゃないのか。

    平和な立場にいながら
    戦争がなくなることを願ってるだけだなんて
    おこがましいことなのかもしれない。

    私はあまりにも無知だ。

    もっと、世界で起こってる悲惨な出来事に
    目を向けていかなきゃいけないのかもしれない。

    知ったら・・・
    私にできることは何かあるんだろうか。
    自分が無力である重さを感じる。

    この本を読んで
    平和に生きている幸せと
    誰かの犠牲の上に生きているんじゃないかという
    重さを感じた。

  • とある縁で読む。
    確かにいい話だ、が、なんというか裏付けがない。
    ある人物が死亡するには死因や衰退があるはずだが、美しく屹立していたのが唐突に頽れるとか。

    ヴァイオリンの音色を成立させていた**をあっけなく**してしまうこととか、
    ハンナの話をする語り手が実は**でしたとか、
    いずれも類書にありそうで新鮮さに欠ける。

    悪くないが好いともいえない。
    皆川博子が書いてくれたら……とも思ったりして。
    結局は毒っけが欲しいのだろうね、私は。

    amazonに、もやもやした気持ちをカッキリさせてくれるレビューがあった。

  • 深く心に残る物語でした。余韻に浸っていろいろ考えさせられてます。
     極限状況の中でも生きること、自分にできることを貫き通した人たちの生きざまは音楽という共演者によって深みを増しているようです。

全6件中 1 - 6件を表示

アヴェ・マリアのヴァイオリン (角川文庫)のその他の作品

香川宜子の作品

アヴェ・マリアのヴァイオリン (角川文庫)はこんな本です

ツイートする