三毛猫ホームズの仮面劇場 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041031629

作品紹介・あらすじ

謎の人物により呼び集められた三人の男女。他人同士の彼らへの依頼は、「仮面の家族」となり、湖畔のロッジ〈霧〉で一カ月を過ごすこと! 仮面の下の真相をホームズたちが追う、シリーズ第38弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々の長編。片山さん、晴美ちゃん、石津さん、そしてホームズが大活躍で楽しかった。

  • 立てこもり事件の現場に駆けつけた片山は、人質となっていた女性の救出の際に骨折してしまう。
    その女性、湯川笑子の父が経営するというホテルに招待された片山一行は、またまた事件に巻き込まれ……。

    2017年7月18日読了。
    電車の行き帰りに読もうと持ち出したのですが、相変わらずの軽さで行きの電車、それも目的地に着く前に読み終わってしまいました(^^;
    特に捻りもありませんが、この気軽さこそがこのシリーズの魅力だと思います。

  • 安定のホームズシリーズ。小学生の頃から読んでいて、今や片山兄妹の年齢も追い越してしまったけど、それでも大好きです。今回はホームズが死んでしまったかと心配した!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

三毛猫ホームズの仮面劇場 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする